ジャズのベースを弾くうえで、最低限知っておきたいスケール【理論】

ジャズのベースを弾くうえで、最低限知っておきたいスケールTIPS

こんにちは。ベースのタカマです。
ライブハウスなどで 20年、ジャズを演奏しています。

ジャズを演奏するにはスケールの勉強が欠かせません。

演奏の現場では
「このコード、何のスケールで演奏したらいいかな?」
などの会話がなされます。

ベースにおけるスケール
ベースにとって特別に勉強するスケールや、勉強しなくていいスケールはありません。
他の楽器と同じです。

勉強の仕方については、ぜひ本を読みましょう。
オススメは「ザ・ジャズ・セオリー」です。

分厚い本なのですが、細かいテキストをいくつか買うよりよっぽど効率的です。
スケールのこと以外も、ジャズ理論を広範囲に扱っています。

経験として、何を勉強するにも分厚いテキストの方がいいと思っています。
勉強しなければいけない範囲を網羅しているし、なんだか正しい勉強をしている気にもなります。

ザ・ジャズ・セオリー」は気になるだけでなく、きちんと知識も手に入りますので安心してください。

ジャズのベースを弾くうえで、最低限知っておきたいスケール

ジャズのベースを弾くうえで、最低限知っておきたいスケール

それでもスケールはたくさんありますので、ベーシストが知っておくべきスケールを絞ってみようと思います。

まず勉強して欲しいのは以下の2つです。

  • 教会旋法(チャーチモード)
  • 3種類のマイナースケール

教会旋法(チャーチモード)

  • リディアン
  • イオニアン
  • ミクソリディアン
  • ドリアン
  • エオリアン
  • フリジアン
  • ロクリアン

3種類のマイナースケール

  • ナチィラルマイナースケール
  • ハーモニックマイナースケール
  • メロディックマイナースケール

ザ・ジャズ・セオリー」にしっかり載っていますので、勉強してみてください。

なおスケールは Wikiでも無料で勉強できます。
ちょっと見づらいですけどね。

ベース中級者向けのスケール

次の4つは上の2つがしっかり使えるようになったかただけで大丈夫です。
まずはしっかり教会旋法とマイナースケールをおさえましょう。

  • ハーモニックマイナーパーフェクトフィフスビロー(HMP5↓)
  • オルタードスケール
  • ディミニッシュスケール
  • リディアンセブンス

練習の仕方
練習は「登って降りて」だけでは、スケールは身につきません。
いろいろとコネくり回す必要があります。

練習方法については「ジャズにおけるスケール練習のコツ【ただ弾くだけではダメ】」の記事を参考にしてみてください。

記事はここまでです。
練習がんばりましょうね。
あくまで楽しめる範囲でがんばるのがコツです。

タイトルとURLをコピーしました