1月の課題曲「Waltz New/ジム・ホール」【ジャズ】

1月の課題曲「Waltz New/ジム・ホール」【ジャズ】JAZZ BASS TIPS

ベースの tacama です。
ライブハウスなどで、ジャズを20年演奏しています。

YouTube と Instagram の方にも投稿しています。

今月の課題曲を設定したいと思います。

先日のブログで予言した通り、紹介した曲の中から選びました。

ジム・ホールの「Waltz New」です。

1月の課題曲「Waltz New/ジム・ホール」

1月の課題曲「Waltz New/ジム・ホール」

コード進行から見ていきます。

「Waltz New」のコード進行

Waltz New

パッと見で気づいたひとは素晴らしいです。
「Someday My Prince Will Come」に、コード進行が酷似しています。
きっと元にして作ったのでしょうね。
一瞬、Bメジャーにいくところだけ違います。

逆に、「Someday My Prince Will Come」を弾いているときに、例の部分をBメジャーにいったらかっこいいかもしれません。

参考音源

「Power Of Three」というアルバムがあって、ジム・ホール、ウェイン・ショーター、ミシェル・ペトルチアーニという豪華なメンバーです。

この曲は、ジム・ホールとミシェル・ペトルチアーニの2人で演奏されています。
どうしてもビル・エヴァンスとのアンダーカレントを頭に浮かべてしまいますね。

でもミシェル・ペトルチアーニのアイドルはオスカー・ピーターソンなので、またちょっと違った雰囲気になっています。

» ミシェル・ペトルチアーニ「Power Of Three」の詳細はこちら

テーマメロディを練習しよう

テーマメロディを練習しよう

「Someday My Prince Will Come」とほぼ同じコードなわけですが、メロディは全然違います。
八分音符のバップリフがかっこいいですね。

かっこいいリフものに出会ったら、練習しておくのはオススメです。
きっと自身のソロの栄養になるでしょう。

それでは以上になります。
練習がんばってくださいね。

このページは、
毎月の課題曲まとめ【ジャズスタンダード/ジャムセッション対策】
に追加しました。

タイトルとURLをコピーしました