ジャズにおけるスケール練習のコツ【ただ弾くだけではダメ】

TIPS

ベースの高間です。
ジャズ演奏歴20年です。

みなさんはどのようにスケール練習をしているでしょうか?

「のぼっておりて」の練習もよいのですが、ジャズにおいて大事なのは「どんな音が含まれているかわかっていて、かつそれを自在につかえること」です。

ジャズにおけるスケールのポイント
  • どんな音が含まれているかわかっている
  • スケールの音を自在につかえる

すこし解説します。

ジャズにおけるスケール練習のコツ

ジャズにおけるスケール練習のコツ

まずは「どんな音が含まれているかわかっている」の部分についてです。

スケールの音を理解する

要は何度の音が含まれているか、ということです。
また逆に何度の音が含まれていないか、というのも大事です。

たとえば、リディアンには「#4」が含まれていることをきちんと理解します。
オルタードには「♭2」や「♭6」が含まれていて、「5度(完全5度)」の音は含まれていません。

のぼりおりの練習をするときにも、いま何度の音を弾いているのか、噛みしめながら弾くようにしましょう。

スケールの音をつかえるようにする

スケールの音を理解したら、次はつかえるようにすることです。

「つかえる」ということは、すぐに音を思い浮かべることができて、かつ楽器で弾ける、ということです。
これができるようになる練習を考えればいいですね。

コードの頭で、決めた音を弾く練習

たとえばクリックや iReal Pro を流しながら、コードの頭で、決めた度数の音を弾く練習はいかがでしょうか。
すべてのコードで頭に2度を弾くようにしてみる、セブンスでは♭6をかならず弾く、などの課題をつくって取り組むのは楽しい練習です。

ジグザグにのぼる練習

まだ練習方法はあります。
たとえば3度のインターバルでのぼりおりするのも、とても練習になります。

1ー3ー2ー4ー3ー5ー6~

Cメジャースケールなら、「ドミレファミソファラ~」ということですね。
「ドミ」「レファ」「ミソ」がそれぞれ3度音程になっています。
ジグザグにのぼっていく感じですね。

これを各スケールおこないます。
きちんとスケールの構成音をわかっていないとできないので、かなりのレベルアップになりますよ。

スケール練習は地味、だけど至高

スケール練習は地味、だけど至高

練習はいつだって地味です。

なるべく楽しくなるよう、工夫はするのですけどね。
努力のしどころです。

考えられたスケール練習は価値アリ

とはいえ先のジグザグにのぼっていく練習などは、そのままソロのフレーズとしてつかえますので、ダイレクトにいいことありますよ。
ロン・カーターなどもよくつかいます。

スケールが苦手なかたは、ぜひ今回のことを考えながら、もう一度チャレンジしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました