【楽器・歌】疲れているときは無理して練習しなくて良い【寝るが正解】

【楽器・歌】疲れているときは無理して練習しなくて良い【寝るが正解】JAZZ BASS TIPS

ベースの tacama です。
ジャズを 20年演奏しています。
» Tacama Bass TV

今日はなんだか疲れて、練習する気が起きないって日もあると思います。

そんな日は無理せず練習はやめて、早く寝た方がいいと考えています。
どっちみち練習に集中できないし、そもそも全然楽しくないですしね。

それでもがんばり屋さんなひとは、何かしたいと思うかもしれません。
そんなときのために、疲れていてもできることをあげてみようと思います。

疲れているときは無理して練習しなくて良い

2点ほど、あげてみます。

音楽を聴く

まずはだれでも思いつくこと。
音楽を聴くくらいなら、疲れていてもできますね。

音楽を聴けないくらい疲れている場合は重症です。
即、たっぷりの睡眠を取りましょう。

オススメの音楽の聴き方

せっかくなので、ぼくのオススメの聴き方を紹介します。

それは、「その演奏に参加していると思って聴く」です。

参加のした方は何でもいいと思います。
なんなら手拍子で参加することを想定してみましょう。

その素晴らしい演奏をジャマしないで、手拍子で参加できるでしょうか。
さらにせっかく参加するなら、よりよい音楽を作れるように手拍子を叩きたいですね。
だいぶ聴き方が変わるはずです。

読書(小説)

音楽から離れて読書をしましょう。
ここでオススメしたいのは、音楽理論の本などでなく「小説」です。

イメージ作り

音楽はイメージが大切です。
頭の中を豊かにする必要があると考えています。
そのためは小説がオススメです。

映画でもいいかなとも考えますが、映画の場合、映像が与えられてしまうので、イメージを作る力を養うにはちょっと違うかな、と考えています。

その意味では、小説だけでなく、「詩」もいいですね。

以上、疲れているときにできる、音楽にプラスになることを紹介しました。
関連するページのリンクをはって終わります。

 朝練のススメ

» 仕事で疲れて帰宅→ 趣味・勉強をやる気起きない→「朝活」で解決な話

 オススメの小説

» 想像力を鍛える・豊かにするのに役立つ本【ジャズ演奏家がおすすめ】

» ジャズベーシストがおすすめする心に訴える小説まとめ【重めの読後感】

» ブログで紹介したオススメの本【小説、音楽理論・雑誌、ベース教則本】

タイトルとURLをコピーしました