想像力を鍛える・豊かにするのに役立つ本【ジャズ演奏家がおすすめ】

想像力を鍛える・豊かにするのに役立つ本【ジャズ演奏家がおすすめ】LIFE

ベースの tacama です。
ジャズを 20年演奏しています。

YouTubeで演奏動画も配信しています。
よかったら聴いてみてください。
» tacamaの YouTubeチャンネルヘ

音楽は、想像力が大事だと考えています。

自分自身のあたまの中のイメージが音楽の原動力です。

また、聴くひとのあたまの中も想像します。

演奏するひとのあたまの中のものと、聴くひとのあたまの中のもの。
その2つの「つながり」が音楽といえるでしょう。

これはなにも音楽のかぎったはなしではないです。
みなさんの普段のおしごとも、想像力が大切なはずです。
相手の意図はなにか、お客さんのほしいものはなにか。

この文章では、想像力を鍛えたり豊かにするのに良い本を、紹介したいとおもいます。

想像力を鍛える・豊かにするのに役立つ本

ぼくは想像力やイメージを豊かにするには「小説(フィクション)」が良いとかんがえています。

登場人物のこころの動きや、場面を想像する必要がありますからね。

4つの小説を紹介します。

小僧の神様

新潮文庫, 岩波書店, 志賀 直哉(著),

志賀直哉の書いた短編小説です。
こころの機微(きび)を想像するのは、とても大事です。
ひとの考えていることと、自分の考えていることは、大きく違うのかもしれません。
そんな「こころ」を想像するのに、志賀直哉のような純文学といわれる本は役立ちます。

ちなみに「城の崎にて」の方も、いいです。
Kindle版の方にもはいっています。

星を継ぐもの

【説明】, ジェイムズ・P・ホーガン(著),

ジェイムズ・パトリック・ホーガンというひとが書いた有名な SF小説です。
SFも想像力を働かせるにの、いい題材です。
こういったスケールの大きい物語は、視野を広げるのにいいですね。

嗤う伊右衛門

中央公論新社, KADOKAWA - 京極 夏彦(著),

京極夏彦さんの書いた小説です。
映画にもなりました。

お岩さんが出てくる物語です。
ただ、一般に知られているお岩さんではありません。
しかし顔に腫瘍のようなものは、やはりあります。

そのお岩さんが、恋をします。

彼女のこころを想像して読んでください。

博士の愛した数式

小川洋子さんの書いた小説です。
こちらも映画になりました。映画の方が有名かもしれませんね。
記憶が短い間しかもたない数学博士がでてきます。
彼のきもちを、どれだけ想像できるでしょうか。

以上です。
ぜひ本を読んで、想像力ゆたかなひとになってください。

また読書ツールとして、「Kindle Paperwhite」もオススメです。
Kindle Paperwhiteを半年使ったのでレビュー書きます
のページもどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました