コントラバス・ウッドベースに握力は必要か【歴20年が解説します】

コントラバス・ウッドベースに握力は必要か【歴20年が解説します】JAZZ BASS TIPS

ベースの tacama です。
ライブハウスなどで、ジャズを20年演奏しています。

YouTube と Instagram の方にも投稿しています。

コントラバス・ウッドベースを弾いているひと、さらにはエレキベースのひとも「握力」について、少なくとも一度は考えたことがあると思います。

結論から言うと、握力を鍛える必要はありません。

この文章では、このことを説明していきます。

コントラバス・ウッドベースに握力は必要か

まずは二人の女性ベーシストを見ていきます。
「Mikyung Sung」と「Esperanza Spalding」です。

握力が要らない証拠

二人の演奏動画をはります。

Mikyung Sung

Mikyung Sung performs Bottesini and shares thoughts on double bass

Esperanza Spalding

Wayne Shorter and Esperanza Spalding, Footprints

二人とも細身の女性です。
でもかなりコントラバスの演奏技術が高いのが分かると思います。

この二人が特別なわけでなく、他にも細身の女性ベーシストはたくさんいます。
彼女たちの握力の数値は残念ながら分かりませんが、握力が人並み以上にあるとは思えません。

問題は別にある

つまり解決すべき問題は別にあるということです。

楽器の調整に問題がある

楽器は弾きやすい状態になっているでしょうか?

たとえばナット(上駒・枕)の溝は、正しく下げられていますか?
この部分も弦高に直接影響します。

コントラバスはハーフポジションが最も力が要る場所です。
よって、ナットの調整はかなり重要事項です。

 参考
» コントラバス/ウッドベースの上駒(ナット)は限界まで下げていい

左手の押さえ方に問題がある

弦は手で力まかせに押さえるのでなく、腕や体を使って押さえます。

ハイポジションを考えれば分かります。
ハイポジションでは、親指が指板の上に来ているので、握力は使えないですよね?

 参考
» ウッドベースのハイポジション、左手のコツ【親指が大切ですよ】

「握力が足りないから弾くのがつらいんだ」と思う気持ち、とても分かります。
必ず解決して楽に弾けるようになるので、上で書いたことをきちんと整えてください。

タイトルとURLをコピーしました