初心者ベーシストは弾いている間、とても忙しい【シマンドル】

初心者ベーシストは弾いている間、とても忙しい【シマンドル】JAZZ BASS TIPS

ベースの tacama です。
ライブハウスなどで、ジャズを20年演奏しています。

YouTube と Instagram の方にも投稿しています。

よく考えれば、ベース初心者さんは練習曲を弾いている間、とても忙しいです。

いろいろなことに気をつかわないといけない状況にあります。

ちょっと確認してみましょう。

初心者ベーシストは弾いている間、とても忙しい

初心者ベーシストは弾いている間、とても忙しい

たとえば、5つくらいはあるでしょう。

左手のフォーム

あとで変なクセがつかないように、左手は正しいフォームを気をつけないといけません。

  • 弾いている以外の指は正しい位置にあるか
  • 指の関節は落ちていないか

気をつけながら弾かないといけませんね。

音程

コントラバス(ウッドベース)の場合、音程にも気をつけないといけません。

少しでも違和感を感じたらズレていますよ。

右手の発音

つい、おろそかになってしまうのが右手です。
優しく弾き過ぎていませんか。

左手のしっかりした押さえのためにも、右手はしっかりピックしましょう。

読譜

初心者のかたは、音符を読むことも大変だと思います。
忙しいですね。

少しでも楽になるよう楽譜に工夫するのもアリです。

» コントラバスの運指の書き方に新提案【シマンドル/ヒヤマノートの練習に】

運指

上の読譜とからみますが、後々のためにも運指もしっかり守っていかないといけません。

ヒヤマノートの場合、書いてある通りに運指を取り組むと、2弦以下の中音域/高音域の把握にとても役立ちます。

ゆっくり確実に

ゆっくり確実に

以上、初心者さんは練習曲を取り組んでいるとき、とても忙しいことを確認しました。

しかし同時にはさすがにできないので、一つか二つずつ取り組めるといいですね。

「今日は音程と運指に取り組もう」
のように。

急いでも良いことありませんので、焦らずゆっくり、確実を狙っていきましょう。

それでは以上です。

このページは、
シマンドル/HIYAMAノートのブログ記事まとめ【コントラバス】
に追加しました。

タイトルとURLをコピーしました