シマンドル/HIYAMAノートのブログ記事まとめ【コントラバス】

シマンドル/HIYAMAノートのブログ記事まとめ【コントラバス】JAZZ BASS TIPS

ベースの tacama です。
ジャズを 20年演奏しています。

YouTube や Instagram の方もぜひ。

われわれコントラバス(ウッドベース)を弾く人間にとって、「シマンドル」は基礎となる大切な教科書といえます。

そのシマンドルを引用しつつ補強する「HIYAMAノート」も同じです。

このブログでも、いくつかの記事で取り上げてきました。
それらを、このページにまとめておこうと思います。

シマンドル/HIYAMAノートのブログ記事まとめ

今後書くシマンドル関連の記事も、こちらに追加していきます。

指板上のマップをしっかり作る【コントラバス/エレキベース】

苦手部分をどんどん開拓していきましょう。

テキストは今、完璧にできなくても良い【シマンドル/HIYAMAノート】

将来できるようになればOKだと考えています。

シマンドルでの6/8拍子のメトロノームの鳴らし方【せわしなくしない】

この位置で鳴らせば、自然な演奏になると思います。

間違え癖を無くそう【コントラバス/ウッドベース/ジャズ】

丁寧に練習していきましょうね。

音符はゆっくり確実に数えていきましょう【読譜力/音価】

時間がかかっても良いので、あきらめず読んでいきましょう。

移動距離と移動回数を減らす【シマンドルの運指の基本的な考え方②】

基本的な考えを覚えておいてください。

HIYAMAノートの運指のハイフンの意味【コントラバス/ウッドベース】

けっこう、この質問多いんです。

分散和音を練習すると音程が少し楽になる【コントラバス/ウッドベース】

スコット・ラファロも、かなり練習したようですね。

一つのエチュードに何日くらいかけるか【シマンドル/HIYAMAノート】

きちんと消化できる日数をかけないといけません。

シマンドル/HIYAMAノートに出てくるパッシング・ディミニッシュ

コード進行が分かると、メロディの理解も深まるでしょう。

音をしっかり伸ばすこと【音符の最後まで意識する/ベース】

発音したあとも聴き続けましょう。

シンコペーションの克服方法【シマンドル/HIYAMAノート】

書いてから思い出しましたが、これら以外に「ターアー」と声に出すのも有効です。

HIYAMAノート(シマンドル)は、どのくらいの期間で終わらせるか

急いで終わらせても、あまり意味がありません。

音程の練習は全部の指でチェック【コントラバス/ウッドベース】

苦手な指と、そうでない指があるはずです。

【シマンドルの運指の基本的な考え方①】小指でのポジション移動は避ける

大きいジャンプ以外は避けます。

初心者ベーシストは弾いている間、とても忙しい【シマンドル】

たくさんのことに気を使わないといけません。

エチュードは体に残すようにする【ジャズのコントラバス/ウッドベース】

ちょっと練習してすぐ次に進んでしまうのは、あまり良いやり方ではありません。

コントラバスのハイポジション、おすすめの練習法【シマンドル1巻を使う】

とても良い練習ですよ。

ポジション移動を集中して練習する【シマンドル/HIYAMAノート】

反復して体に覚え込ませましょう。

左手シマンドルフォームの失敗しやすい点【コントラバス/エレキベース】

今回書くポイントは常にチェックしながら、普段の練習をおこなってください。

コントラバスの運指の書き方に新提案【シマンドル/ヒヤマノートの練習に】

運指でつまづいているかたは、ぜひ活用してみてください。

シマンドル/ヒヤマノートの運指に手こずっている方へ【コントラバス】

大変ですが、運指は守って練習するようにしましょう。

ベース左手の自然な運指を身につける方法【ヒヤマノートで練習】

スムーズな運指を選べるようになりましょう。

シマンドル「30エチュード」をピッチカートで弾く【ベースの練習】

弓で弾くだけではもったいないです。

ウッドベース / コントラバスのおすすめ教則本【初心者~中級向け】

ウッドベース / コントラバスの教則本、テキストは定番のものがあります。この記事では、その定番の教則本の紹介と、それらを練習していく順番をおつたえします。

以上です。

このページはまとめ記事なので、
まとめ記事のマトメ【当ブログ、第2のメニューページです】
に追加しました。

タイトルとURLをコピーしました