【ウッドベース】velvet弦のススメ【ガルボ・アニマ・ブルー】

velvet弦のススメGEAR

こんにちは。ベースのタカマです。
ライブハウスなどで 20年ジャズを演奏しています。

ぼくはことあるごとに、ベルベット社の弦をひとにススメています。

現在はスピロコアを張っていますが、一時期ベルベットの弦ばかり張っていました。

なぜベルベットにしていたかというと、もちろん音色も好きだったのですが、とにかく音がすごく大きいんです。
ピアノトリオなら、ほぼアンプ無しでいけるくらいの音量がかせげました。

たとえばこの動画は「アニマ」を張っているときのものです。

Whims Of Chambers [ bass + drums ] / Yasuhiro Tacama - Doublebass(Nagoya, Japan)
Oleo [ bass + drums ] / Yasuhiro Tacama - Doublebass(Nagoya, Japan)

ドラマーには少し小さく叩いてもらいましたが、音量的に問題ありませんよね。

あとやっぱり音色も良かったです。
弦が太く、柔らかい素材を使っているので、倍音が豊かで音の口径が大きい感じがします。
まさにフェイクガットですね。

velvet弦のススメ

velvet弦のススメ

ベルベット社の弦から3つオススメの弦をピックアップします。
どれかをぜひ試してベルベットの魅力を味わって欲しいです。

一度はベルベットの弦を貼るべきだと思っています。

このウッドベースという楽器はこれだけの大きい豊かな音が出ること、ポテンシャルをもつ楽器なんだ、ということを知って欲しいです。

そのうえで他の弦なりにいくのをオススメします。

ガルボ / Garbo

ラリー・グレナディアが張って有名になった弦です。

ぼく自身は張ったことはないのですが、生徒さんが張っていたので触らせてもらっていました。

ぼくがこれまで弾いた弦のなかで一番ガット弦に近いです。
ポール・チェンバースの音がします。

ラリー・グレナディアの演奏を貼っておきます。

It's All Right With Me (Live)

なお弦が太いので、張る場合には駒の溝を広げないといけません。
丸ヤスリなどで広げます。

広げたあとに通常の細い弦に戻るのを心配するかもしれませんが、大丈夫です。
ぼくもそのままスピロコアを張っています。
リペアマンにも確認してあります。

アニマ / Anima

ぼくが張っていた弦です。こちらは弓(アルコ)でも弾ける、という設定の弦です。
ぼくは弓もよく弾くのでこちらを張っていました。

音はこんな感じです。

#8 [ asacotrio ] Send In The Clowns

この弦も駒の溝を拡げる必要があります。

ブルー / Blue

この弦は上2つの廉価版です。安いバージョン。

ガルボとアニマは芯材にシルクをつかっていますが、ブルーは化学繊維です。

ブルーは駒の加工が必要ありません。
スピロコアとほぼ同じ弦の太さです。

ナイロン弦
今回紹介したベルベットの弦はナイロン弦のカテゴリーに含まれると思います。
今後は金属弦でなくナイロン弦が主流になっていくだろうとも言われています。

ナイロン弦に関しては「ウッドベース向け、ナイロン弦まとめ【ジャズ歴20年のぼくがおすすめ】」のページも読んでみてください。

それではまた別の記事で。

タイトルとURLをコピーしました