Take Fiveを Cメジャーに移調すると楽譜の景色が変わります

Take Fiveを Cメジャーに移調すると楽譜の景色が変わりますJAZZ BASS TIPS

ベースの tacama です。
ライブハウスなどで、ジャズを20年演奏しています。

YouTube と Instagram の方にも投稿しています。

Take Fiveってサビのコード進行、難しいですよね。

こんなコード進行です。
サビは「B」の部分です。

これは iReal Proというアプリの画面です。

Take Fiveは、ソロをまわす場合、「A」の部分だけまわすことが多いです。
この楽譜でいうと、「Ebm Bbm7」の部分ですね。
ようは、ほぼ "一発" です。ワンコード。

Take Fiveは変拍子ということもあって、ソロの難易度を下げる意味もあると思います。

ただ、コーラスすべてをまわすこともありますので、そのときに手も足も出ないではかっこ悪いので、練習はしておくと良いと思います。

Take Fiveを Cメジャーに移調すると楽譜の景色が変わります

でも難しいコードですよね。

そこでこのコード進行を "Cメジャー" に移調してみます。
"Aマイナー" と言った方がいいかもしれません。

こんな感じです。

どうでしょう。
一気に取っつきやすくなりましたよね?

サビの最初はただのIVメジャーで、そのあとは「3-6-2-5」だったんですね。

こんな具合に、難しい曲は簡単なキーに移すと分析がしやすくなります。
ぜひこのこと、活用してくださいね。

試しに他の曲も

ちなみにせっかくなので、「There Will Never Be Another You」も "Cメジャー" に移してみます。

こちらもとても印象が変わりますね。

Take Fiveについては「ジャズの変拍子の勉強は「Take Five」から【慣れが必要です】」のページもぜひ参考にしてみてください。

それではまた別の記事で。

タイトルとURLをコピーしました