【筋トレグッズ】家で筋トレするひとにおすすめのアイテム【自重トレをレベルアップ】

BODY MAKE

高間です。筋トレ歴5年、ウェイトトレーニング歴1年8ヵ月です。

ダイエットのために筋トレをおこなっているのですが、体重は75キロ→68キロになりました。7キロ減。まだまだしぼります。

筋トレをはじめた頃は何も道具をつかわず、腕立てなどをしていました。

そのあと負荷をあげるためと、鍛える箇所をふやすために筋トレグッズを使うようになりました。

この記事では、使ってみて効果的だった筋トレグッズを紹介します。

自重トレ(自分の体重をつかったトレーニング)にいきづまっているかたは、ぜひ取り入れてみてください。

【筋トレグッズ】家で筋トレするひとにおすすめのアイテム

【筋トレグッズ】家で筋トレするひとにおすすめのアイテム

全部で3つ紹介します。

プッシュアップバー

腕立て伏せをするときにつかう道具です。

これをつかうと深く体をしずめることができ、より胸の筋肉に刺激をいれることができます。

この商品は買って6年経ちますが、まったく問題なく使えています。

トレーニングチューブ

これがあると普通は家ではできないようなトレーニングができます。
リンク先の写真のように足で踏むか、どこかにひっかけてトレーニングしました。

たとえばこんなふうにトレーニングします。

【初心者向け】自宅で出来る!簡単チューブ筋トレで肉体改造【種目紹介】
チューブで全身トレーニングや!【初心者筋トレ】

動画にでてくるような、手でにぎる部分があるものも持っています。

またトレーニングチューブはストレッチにもつかえます。
ゴムチューブをつかった背中のストレッチ2種目【筋トレ歴5年のぼくが紹介】」という記事に書きましたので、ぜひ読んでみてください。

チンニングスタンド

自重トレーニングをするなら、懸垂(チンニング)は外せません。ぜったいやるべきです。背中と二頭筋(ちからこぶ)が鍛えられます。

ぼくはこの商品でなく、家にもともとあったぶら下がり健康器で懸垂していました。

「していました」と書きましたが、いまはジムでトレーニングしています。このことは、またすぐあとで書きます。

チンニングスタンドは、懸垂だけでなく全身を鍛えることができる、すぐれものです。

  • ディップスで大胸筋(胸)と三頭筋(腕のうしろ)
  • レッグレイズで腹筋
  • 懸垂で背中と二頭筋(ちからこぶ)

家で筋トレするなら、マスト買いのアイテムです。

自重トレーニングがしんどい場合、ジムへ行こう

自重トレーニングがしんどい場合、ジムへ行こう

家での自重トレーニングについて書いてきましたが、ぼくは結局ジムでの筋トレを選択しました。ウェイトトレーニングです。

理由は、圧倒的に効率的だからです。あと精神的にウェイトトレーニングの方が楽です。

ウェイトトレの方が精神的にずっと楽

なぜ精神的に楽かについては「腕立て伏せは毎日おこなっていいのか?【結論:してもまったく問題なし。むしろ筋肥大目的なら相当つらいのを覚悟しないといけません】」に書きました。

簡単に言うと、自重トレーニングはかなり回数をこなさないといけなくなるからです。

あと効率もです。筋肉をつけるには負荷をあげていかないといけませんが(漸進性の原則)、自重トレーニングだとそれがおこないにくいのです。

ウェイトトレーニングは、ぜったいにプロに習うべき

もしウェイトトレーニングをはじめる場合は、ぜったいにひとに習った方がいいです。

ケガする可能性もあるし、やってみるとわかりますが、自己流だとぜんぜん筋肉つきません。こんなにつかないものかと驚きました。

パーソナルトレーナーという職種のひとたちが筋トレをおしえてくれます。筋トレのプロ。
パーソナルトレーニングを探すサイトを書いておきます。

記事はここまでになります。

タイトルとURLをコピーしました