ゴムチューブをつかった背中のストレッチ2種目【筋トレ歴5年のぼくが紹介】

BODY MAKE

こんにちは。ベースの高間です。筋トレ歴は5年ほどです。

普段ウッドベースという大きな楽器を弾いているので、身体のことに強い関心があります。長年、本を読んだりして、いろいろ調べてきました。

いまはジムに通ってウェイトトレーニングをしていますが、家ではストレッチもしています。

今回の記事では、ぼくが普段おこなっている、ゴムチューブをつかった背中のストレッチを紹介したいと思います。主に肩甲骨付近に効くストレッチです。

今回の記事の内容
  • ゴムチューブをつかった背中のストレッチ2種目
  • ほとんどの大人が「超」運動不足
  • 栄養にも気をつけよう【特にタンパク質】

ゴムチューブをつかった背中のストレッチ2種目

ゴムチューブをつかった背中のストレッチ2種目

紹介するのは2種目。どちらもすごく簡単な動作です。

ゴムチューブを準備

ぼくはセラバンドのトレーニングチューブをつかっています。グレーの一番強度の高いものです。

チューブを前でひっぱるストレッチ

一つ目のストレッチです。

立って、ゴムチューブを両手でにぎって前に出します。にぎる長さで強度が変わります。

  • 前ならえの姿勢
  • 握り方は、順手でも逆手でもOK

そのまま水平方向に手を広げていって、チューブを伸ばします。

肩の真横に手がくるよう、肩甲骨を寄せるようにして、チューブを伸ばします。一番広げると、チューブが胸につきます。

これだけです。これを10回くらい繰り返します。

チューブを後ろでひっぱるストレッチ

2つ目のストレッチです。

チューブを順手で持ちます。そのまま腕をバンザイして、手を上に。

手を左右に広げながら、チューブを背中の方へもっていきます。

で、またバンザイして体の前にチューブを戻します。

この動作を10回くらい繰り返します。

肩甲骨のストレッチはコレってのがなかなか無いですが、上の2つはけっこう効くと思いますので、ぜひ試してみてください。

ほとんどの大人が「超」運動不足

ほとんどの大人が「超」運動不足

大人になると、運動する機会が本当に減りますよね。

運動不足って本当に危険です。血液が体を巡らなくなるわけですから、やはり何かしら問題が起きてくるはずです。

上で紹介したストレッチは1分くらいで終わりますから、ぜひ生活に取り入れてみてください。ぼくは朝起きたときと、寝る前におこなっています。

ちなにみ背中に回すストレッチですが、野球のイチロー選手がおこなっていたストレッチと、動作がとても似ています。イチロー選手いわく「体のセンサーを保つためにおこなっている」のだそう。

栄養にも気をつけよう【特にタンパク質】

栄養にも気をつけよう【特にタンパク質】

さらに栄養にも気をつけるとベターですね。

ぼくは昆布などの海藻をよく食べるようにしています。ミネラルが豊富ですね。

また マルチビタミンプロテイン も取っています。

特にタンパク質は重要です。筋肉になるだけでなく、各種ホルモンの元にもなるので、とても大切な栄養素です。

今回の記事は以上です。ぜひ紹介したストレッチで元気に過ごしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました