1弦/G線が遠過ぎないかチェック【コントラバスの演奏フォーム】

1弦/G線が遠過ぎないかチェック【コントラバスの演奏フォーム】JAZZ BASS TIPS

ベースの tacama です。
ライブハウスなどで、ジャズを20年演奏しています。

YouTube と Instagram の方にも投稿しています。

コントラバス(ウッドベース)の構え方ですが、たまに楽器の後ろ側に回り過ぎているひとを見かけます。

これだと1弦(G線)が遠く、弾きづらくなってしまいます。

今回はこのことについてのお話です。

1弦/G線が遠過ぎないかチェック

1弦/G線が遠過ぎないかチェック

特にジャズ系のピッチカートのかたに向けてのアドバイスになります。

弓だと、今回の話ほど深く考えなくても良いかもしれません。

1弦(G線)を優先

1弦を優先するフォームをすすめています。

要は、楽器に対してどのくらいの角度で構えるか、という話なのですが、ぼく自身はかなり楽器の方を向いています。
なんなら、ほぼ楽器に対して正対しています。

こうすると、1弦がとても弾きやすくなります。

4弦(E線)だけ楽器を開く

弓を弾く場合は、4弦を弾くときだけ楽器を開きます。
今回すすめている構えだと、自分がジャマして弾けません。

4弦だけ特別扱いですね。

右手を優先

言い換えれば、今回のフォームは右手を優先した構えだといえます。

その分、左手は多少回り込むことになります。
しかし試してみればわかりますが、許容範囲のずです。

右手は「発音」という大切な任務を負っています。
まず優先すべきポイントといえるでしょう。

有名ベーシストを観察する

有名ベーシストを観察する

以上、コントラバスの楽器に対する立ち方について書いてみました。

ぜひこの観点で有名ベーシストを観察してみてください。
意外と楽器の方を向いているひとが多いことに気づくと思います。

悩んでいる場合は、取り入れてみてくださいね。

それでは以上です。

このページは、
ジャズのウッドベース「右手」関連のブログ記事まとめ【弾き方・コツ】
に追加しました。

タイトルとURLをコピーしました