バッハの無伴奏チェロ組曲の中で、ベースで弾きやすい曲【ソロの上達】

バッハの無伴奏チェロ組曲の中で、ベースで弾きやすい曲【ソロの上達】JAZZ BASS TIPS

ベースの tacama です。
ライブハウスなどで、ジャズを20年演奏しています。

YouTube と Instagram の方にも投稿しています。

このブログでもオススメしたことがありますが、バッハの無伴奏チェロ組曲はベーシストの練習にちょうどいいです。

たとえばこの記事などで書きました。

» ジャズを練習中のかたへ、クラシックをすすめる話【ソロ上達のために】

この文章では、この無伴奏チェロ組曲の中でも、ペースで弾きやすい曲を紹介したいと思います。

バッハの無伴奏チェロ組曲の中で、ベースで弾きやすい曲

あまり跳躍のないもので、かつ短い曲が、最初はいいかなと思います。

音源の紹介は、チェロのレジェンド、パブロ・カザルスのアルバムを載せました。

»「パブロ・カザルス|Bach: Cello Suites」の詳細はこちら

Bach Cello Suite No. 3 in C Major : Bourrées I

参考音源 » Suite No. 3 in C Major, BWV 1009 : Bourrées I & II

No.3(キーC)のブーレ1番です。
1番と2番を分けてはダメだと思いますが、今回は分けて書きます。

ブーレ1番は明るい曲調ですね。
低いポジションでスタートできます。

Bach Cello Suite No. 3 in C Major : Bourrées II

参考音源 » Suite No. 3 in C Major, BWV 1009 : Bourrées I & II

※参考音源は上の1番と同じです。

同じく、No.3(キーC)のブーレ2番です。

こちらはマイナーで、少ししっとりとした曲調ですね。

こちらは高いポジションからのスタートになります。
15フレットの「Bb」からのスタートです。

上の曲に比べて跳躍が多少あって、難易度は上がります。

【番外編】弾いていて楽しい曲

せっかくなのでベースで弾いて楽しい無伴奏チェロの曲も紹介します。

Bach Cello Suite No. 4 in E flat Major : Bourrée II

参考音源 » Suite No. 4 in E flat Major : Bourrée I & II

No.4(キーEb)のブーレ、2番の部分です。

和音をいくつか弾く曲です。
ギリギリ指が届くので、チャレンジしてみてください。

Bach Cello Suite No. 4 in E flat Major : Gigue (Vivace)

参考音源 » Suite No. 4 in E flat Major : Gigue (Vivace)

同じく、No.4(キーEb)のジーグです。

三連のメロディがベースで弾いていて心地いいです。
個人的な趣味も入っているかもしれません。

Bach Cello Suite No. 3 in C Major : Courante

参考音源 » Suite No. 3 in C Major : Courante

No.3(キーC)のクーラントです。

Mr.Big のギター、ポール・ギルバートがライブで弾いていた曲です。
跳躍が多いですがドラマチックな曲で、弾いていてとても楽しいです。

クラシックを練習に取り入れる

クラシックはかっこいい曲がたくさんあるし、楽譜もたくさんあるし、ぜひ普段の練習に取り入れたいものです。
今回の曲もぜひ弾いてみてくださいね。

楽譜はこちらです。

それでは以上です。

タイトルとURLをコピーしました