【効果大】枯葉を12キーで練習しよう【苦手キー克服と移調の練習】

TIPS

ベースの高間です。
ジャズを 20年演奏しています。

苦手キーの克服はどうしていますか?

ジャズを演奏していると、「このスタンダードはキーが難しくて弾けないな」とか「歌伴が苦手だな」などのキーの問題が出てくると思います。

この問題にどう対応していますか?

シンプルに難しいキーもある

キー自体の難しさもありますね。
F#メジャーはシャープが6つもつきます。

ジャズは一部のキーが多い

それに加えジャズスタンダードのキーは、かなりかたよっています。
FメジャーやBbメジャーが多いですね。

こういったことで「苦手キー」というものができていきます。

枯葉 12キーの練習がオススメ

この苦手キーの克服に「枯葉 12キーで弾くこと」をススメたいと思います。

枯葉は、インストではGm(Gマイナー)で演奏されることが多いです。
これ以外のキーへ転調して演奏するということですね。

枯葉を12キーで練習しよう

枯葉を12キーで練習しよう

まず 12キーで演奏すると「苦手キーの判定」ができます。

苦手キーの判定

いろいろなキーで演奏していると「このキーのツーファイブぜんぜん弾けないな」という箇所がでてきます。

この部分が見つかったあなたはラッキーですね。
上達のチャンスです。

そのキーの枯葉にじっくり取り組みましょう。

なぜ「枯葉」で練習するのか

そもそもなぜ「枯葉」かというと、メジャーツーファイブとマイナーツーファイブが両方とも「何回も」でてくるからです。

ジャズにおいて「ツーファイブ」の練習が大事なことは、ここでいうまでもありませんね。

苦手キーの克服のために

弾けるキーのフレーズを苦手キーへもってきましょう。

そのフレーズを、それほど意識せずとも弾けるレベルになるよう弾き込みます。

複数の苦手キーを練習

きっと苦手キーは複数みつかるでしょう。
日によってキーを変えるのも楽しいかもしれませんね。

週で変えるのもじっくり取り組めそうで良いと思います。

テンポをあげると難易度アップ

テンポも変えましょう。
最初のうちはゆっくり練習して、徐々に上げていきます。
やはり速い方が頭がついていきません。

テーマもメロディも練習

できればテーマメロディも移調しましょう。
テーマも練習すると、グッとレベルアップします。

12キー練習に向いている、その他のジャズスタンダード

12キー練習に向いている、その他のジャズスタンダード

12キーの練習は簡単なスタンダードでおこなうのが良いでしょう。
キーが途中でコロコロ変わらない曲です。

フライミートゥザムーン / Fly Me to the Moon

インストではCメジャーで演奏されることが多いです。
フライミートゥザムーンは、平行短調(Aマイナー)へ進むだけの簡単な曲です。

ブルース / Blues

ブルースは出てくるコードが少ないのでオススメです。
ブルースはやっぱり基本ですね。

A列車で行こう / Take the "A" Train

インストキーはCメジャーです。
サビで4度上のFメジャーへ転調します。

この曲はテーマメロディを移すのが大変かもしれません。
いくつかのキーだけでもよいので、チャレンジしてみましょう。

記事は以上です。
練習がんばってくださいね。

タイトルとURLをコピーしました