左手シマンドルフォームの失敗しやすい点【コントラバス/エレキベース】

左手シマンドルフォームの失敗しやすい点【コントラバス/エレキベース】JAZZ BASS TIPS

ベースの tacama です。
ライブハウスなどで、ジャズを20年演奏しています。

YouTube と Instagram の方にも投稿しています。

レッスンでは、コントラバス(ウッドベース)のかたもエレキベースのかたも、左手はクラシックのフォームを覚えてもらっています。

いわゆるシマンドルのスタイルですね。
世界のスタンダードですし、見た目も良く、効率的だと考えるからです。

ただ初心者のかたにとっては、最初のうちは戸惑うフォームでもあります。

このページでは、初心者のかたが間違えやすいポイントをあげてみます。

左手シマンドルフォームの失敗しやすい点

左手シマンドルフォームの失敗しやすい点

どれも最終的には自然にできるようになりますが、最初のうちは力が入ってしまったり、大変に思うポイントのはずです。

他の指のコントロール

ある指で弦を押さえているとして、そのときに他の指にも気をつかわないといけません。

小指で押さえているとき

小指で押さえているときは、他の指もそれぞれ、担当の音を押さえていないといけません。
たとえば、小指で1弦(G線)の「♭シ」を押さえている場合、中指は「ラ」、人差し指は「♭ラ」を押さえます。

中指

中指でも同じです。
初心者のかたは、人差し指が離れがちです。
またこのとき、小指は離し過ぎず、少し上げるだけに留めます。

人差し指

人差し指で押さえるときは、中指と小指が離れ過ぎないように気をつけます。

指の入る角度

指は、なるべく弦に対して垂直になるようにします。
初心者のかたは斜めになりがちで、小指がピンッと伸びきってしまいます。

人差し指の開き

ローポジションにおいては、人差し指を少し大きく開かないと正しい位置を押さえられません。
いつの間にか狭くなっていたりしますので、頻繁にチェックしましょう。

指の関節の落ち

指の関節は全て自然に、外側に曲がっている状態が理想です。
中指など、関節が落ちていないでしょうか?

自然なカタチ、リラックスを志向している

自然なカタチ、リラックスを志向している

色々と細かいポイントを書きましたが、すべて「リラックス」を目的とした改善点です。

なるべく演奏を楽な姿勢・気持ちでおこなうための施策なのですね。

「リラックス」を軸に考えると、他にも見えてくるポイントがあると思います。
常に自分の体に耳をすまして、改善していきましょう

それでは以上です。

このページは、
シマンドル/HIYAMAノートのブログ記事まとめ【コントラバス】
に追加しました。

タイトルとURLをコピーしました