筋トレは朝がおすすめ【理由:それですごくうまくいってるひとがいる】

BODY MAKE

こんにちは、高間です。
筋トレ歴5年。ウェイトトレーニング歴1年8ヵ月です。
最近まわりから筋肉を指摘されるようになりました。
1980年生まれの今年40歳です。アラフォー。

今朝こんなツイートをしました。

おはようございます。
ジムにきています。いま午前9時を少しまわったところです。
朝一番の運動はとてもおすすめです。一日気持ちよく過ごせますよ。
日曜日でゆっくりしたいところだと思いますが、みなさんもぜひ運動してみてくださいね。

朝の筋トレはすごく気持ちがいいです。
おすすめの筋トレの時間帯を訊かれたら、ぼくは朝を迷わず朝をおすすめします。

一番の理由は「朝おこなってるひとで、むちゃくちゃうまくいってるひとがいるから」です。

この記事では、そのことについて書いていきます。

筋トレするなら朝の時間がおすすめ

筋トレするなら朝の時間がおすすめ

先に、朝筋トレする理由として「うまくいってるひとがいるから」と書きました。例をあげてみます。

朝、筋トレしているマッチョな有名人

ドウェイン・ジョンソン

世界で一番有名なマッチョなひとかもしれません。世界で一番稼ぐ俳優ともいわれていますね。

先日、ワイルド・スピードを観ましたが、ほれぼれするような筋肉でした。かっこよすぎ。

監督 デヴィッド・リーチ, 主演 ドウェイン・ジョンソン, ジェイソン・ステイサム, イドリス・エルバ

それで筋トレのはなしですが、ドウェインは朝4時から筋トレしてるそうです。週5日、月から金のルーチンです。

売れっ子俳優だからきっとむちゃくちゃ忙しいだろうに、どうやってこのスケジュールをこなしてるのでしょう。種目も4~5種目こなしてるから1~2時間はぜったいおこなっています。

ドウェインががんばってるなら、ぼくらもがんばんなくちゃですね。

テストステロンさん

なぜか "さん" づけしてしまいました。いつもおちゃめなツイートしてるから、なんだか身近に感じてしまいます。

テストステロンさんは Twitter で有名ですが、この「筋トレが最強のソリューションである」という本、すごくおすすめです。筋トレしたくてウズウズになります。

個人的には下の「人生の99.9%の問題は、筋トレで解決できる!」もよかったです。

筋トレのやり方も書いてあって、「テストステロンさんはこの種目やってるんだ」って、読み方しました。

主婦と生活社 Testosterone(テストステロン)(著) (2016/12/23)

そんなテストステロンさんですが、朝3時に起きで筋トレしています。朝の出社時間から逆算するとこの時間になったそうです。

なぜ朝にこだわるかというと「一番重要なことを先に済まると気分がいいから」と言っていました。

脳科学の本にもおなじことが書いてあった

この「朝に一番重要なことを済ませる」というのは大事なポイントで、最近読んだ本にもおなじようなことが書いてありました。

本の紹介ばかりで申し訳ないのですが、その本は「脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術」という本です。

要は時間管理の本で、「午前は脳のパフォーマンスがもっともよいから、重要なことは午前に済ませましょう」という内容です。早起きも強くススメられています。よかったらこちらもぜひ。

うまくいってるひとは「朝」

これまでのことをまとめると、筋トレは朝がベストって思えてきません?

はじめに書いたように、ぼくはうまくいっているひとのマネが大事だと思っています。

十種競技金メダリストの武井壮さんもおなじことを言っていました。
「それぞれの種目のトップの選手のマネをした」とどこかで言っていました。

なのでぼくは朝に筋トレするし、ひとにもすすめます。

朝、筋トレするために早起きしよう

朝、筋トレするために早起きしよう

あしたからがんばって早起きして筋トレしましょう。ちょっと早起きするだけです。
腕立てや腹筋だけなら30分早起きするだけでよくないですか?

筋トレは朝ごはんをたべてから

起きてすぐの運動はちょっと身体に負担なので、朝ご飯をたべてからにしましょう。
朝あまりたべないかたは、バナナ1本でも食べてください。

筋トレのあとのシャワーはいらないはず

運動後のシャワーを気にしているかたもいるかもしれません。
そのぶん早く起きないといけないんじゃないかって。

有酸素運動はけっこう汗をかきますが、筋トレは基本、汗はほとんどかきません。かいても少しだけ。

なのでぼくはメンズビオレの洗顔シートで、ふくだけにしてます。敏感肌なので顔用。せっけんの香りのが好きです。これで十分。

慣れてきたら、ウェイトトレーニングへ

筋トレに慣れてきたら、ぜひ効率のよいウェイトトレーニングにきりかえましょう。
上のドウェイン・ジョンソンも、テストステロンさんもウェイトトレーニングです。

ドウェインは「成功したかったら、とにかくダンベルをもて!」と言っていますし、テストステロンさんがずっとうったえてるのも、ウェイトトレーニングの良さです。

ウェイトトレーニングは難易度たかめ

ただウェイトトレーニングはけっこうフォームとかむずかしくて、はじめはかなり手こずります。
あとうまくやらないと、ほんとにぜんぜん筋肉つかないです。

最初だけパーソナルトレーナーにおしえてもらう

ですので最初だけは、パーソナルトレーナーにおしえてもらうことを強くおすすめします。
でないとかなり遠回りすることになります。
ぼくもボディビルダーにおしえてもらって、いまがあります。

このブログではパーソナルトレーニングを受けることを強くおしています。
やっぱり確実に筋肉がつけられるのは魅力的です。

パーソナルトレーニングのサイト

記事は以上になります。

タイトルとURLをコピーしました