アドリブソロの上達には、フレーズをガシガシ覚えるのがオススメ

アドリブソロの上達には、フレーズをガシガシ覚えるのがオススメJAZZ BASS TIPS

ベースの tacama です。
ライブハウスなどで、ジャズを20年演奏しています。

YouTube と Instagram の方にも投稿しています。

ジャズやフュージョン、ロックなどでは、アドリブでソロを演奏したりするわけですが、アドリブって難しいですよね。

アドリブソロが上手くなるための練習方法はいくつかありますが、この文章では「フレーズを覚える」ことをオススメしたいと思います。

アドリブソロの上達には、フレーズをガシガシ覚えるのがオススメ

アドリブソロの上達には、フレーズをガシガシ覚えるのがオススメ

アドリブで使いたいフレーズを「記憶」してしまうわけです。

アドリブソロは知ってることしか出ない

アドリブソロでは新しいことを弾いているわけではありません。
過去に吸収したフレーズが外に出てきている状態です。

つまりこのストックをいかに増やすかが大事になってきます。

覚えることは吸収に役立つ

フレーズのストックを増やすのに、そのフレーズを覚えてしまうことはかなり有効です。

覚えるまでにたくさん練習する

まず記憶するまでに、たくさん練習することと思います。
単純にそのフレーズをたくさん弾くので、吸収しやすくなります。

そのフレーズを演奏する能力も高まりますね。

音の情報が定着する

覚えるまで弾く過程で、自分自身で何回もそのフレーズを聴くことになります。
音としてフレーズを覚えることもかなり重要です。

アドリブソロでフレーズを外に出す場合、「音」が先行します。
「こんな感じのフレーズを弾こう」と音がまず頭に浮かぶわけです。

アドリブソロのための、覚える対象

アドリブソロのための、覚える対象

覚えるフレーズはどんなものでも意味があります。
気に入った曲・フレーズ、勉強になりそうと思えるフレーズ、すべて対象です。

ジャンル別で言えば、

  • ジャズ・フュージョンなら … パーカリフなどのテーマメロディやジャズフレーズ集
  • ハードロックやメタルなら … バッハなど

これらをガシガシ覚えていきます。

ソロは勉強しただけ上手くなる

フレーズのストックは勉強すればするほど増えていきます。

がんばって、たくさんのフレーズの引き出しがある演奏家になりましょうね。

ジャズのアドリブソロが上手くなるヒントは、
ジャズベースソロ上達のためのブログ記事まとめ【練習法・コツ】
にまとめてありますので、こちらもチェックしてみてください。
他の楽器のかたも参考になるはずです。

タイトルとURLをコピーしました