「IND Line」ソロの解説②【ジャズコンセプション/オルタード】

「IND Line」ソロの解説②【ジャズコンセプション/オルタード】JAZZ BASS TIPS

ベースの tacama です。
ライブハウスなどで、ジャズを20年演奏しています。

YouTube と Instagram の方にも投稿しています。

「IND Line」ソロの解説①【ジャズコンセプション/ベースソロ】の続きです。

続きの小節は、こんな感じになっています。
23-24小節目です。

IND Line、23-24小節目

前の部分の展開になっていますね。

このフレーズを少し解説します。

「IND Line」ソロの解説②見出し

「IND Line」ソロの解説②見出し

「Abメロディック・マイナーに基づく、半音下の同じメロディ」
と書いてありますね。

前回と同じく洋書の場合は、書いてないかもしれません。

Abメロディックマイナースケール

まずは「Abメロディックマイナースケール」を確認しておかないといけませんね。

Abメロディックマイナースケール

Gオルタードスケール

コードネームのところに「G7alt」と書いてありますが、オルタードスケールを想定しているわけです。

「Gオルタード」も確認しておきましょう。

Gオルタードスケール

二つは同じもの

よく見ると二つは同じものですね。
ぜひ実際に確認してみてください。

なので、
「G7を見ながら、Abメロディックマイナーを弾いても良い」
ということになります。

メリットは?

こうすることで得られることは、弾きやすくなる音が出てくることです。

例えば「Ab」「C」「Eb」などの音が、Gオルタードを頭に浮かべているときより弾きやすくなるはずです。

また「Bb」の音もそうですね。
普通なかなか弾けないのでは。

例のフレーズを確認

それで、今回のフレーズに戻ってみます。

IND Line、23-24小節目

その難しい音がメインで使われています。

今回を機に、オルタードやメロディックマイナーと仲良くなってみてくださいね。

それでは解説は以上です。

このページは、
ジャズコンセプションシリーズの解説/関連記事まとめ【ジャズベース】
に追加しました。

タイトルとURLをコピーしました