ローフレットの音程のチェック方法【コントラバス/ウッドベース】

ローフレットの音程のチェック方法【コントラバス/ウッドベース】JAZZ BASS TIPS

ベースの tacama です。
ライブハウスなどで、ジャズを20年演奏しています。

YouTube と Instagram の方にも投稿しています。

コントラバス(ウッドベース)は、中音域以降は音程の確認方法がけっこうあったりしますが、ローフレット、1~4フレットあたりは、あまり簡単な方法がありません。

このあたりの確認方法を書きます。

ローフレットの音程のチェック方法

ローフレットの音程のチェック方法

ハーモニクスなどは使わず、他の弦と比べる方法になります。

コントラバスはフレットはありませんが、便宜的にフレットで書きます。

1フレット

1フレットは本当にちょうど良い確認方法がありません。

唯一、1弦の「#G」は4弦開放と弾けば長3度の音程を比べられます。

または、次に書く2フレットと上駒までの「真ん中」として探すくらいです。

2フレット

たとえば、1弦の「A」と3弦の開放はオクターブなので、比べられます。
2弦開放と比べても良いですね。
5度の関係です。

同じことは2弦「E」でもできます。

これらから2フレットを探し、3弦、4弦へ平行移動させます。

3フレット

3弦の「C」と1弦開放を比べます。
5度の音程ですね。

4弦「G」と1弦開放でも良いですね。

判明したら、おなじく他の弦へ広げます。

4フレット

この部分、ハーモニクスは鳴りますが、それよりも以下の方法が良いでしょう。

1弦なら、開放から「G、A、B」と弾いてみます。
メジャースケールの前3つと捉えて、良い具合に聴こえれば正しい位置にいることが判明します。

いわゆるベースの領域

いわゆるベースの領域

今回見てきたローフレットの位置は、よく使うわりには音程が難しい部分です。

ベーシストとして大切な領域なので、特に音程には気をつけましょう。

それでは以上です。

このページは、
コントラバス/ウッドベースの「音程」に関するブログ記事まとめ
に追加しました。

タイトルとURLをコピーしました