【ベース】ジャズスタンダードを覚えられたか、アドリブソロを弾いて判断

【ベース】ジャズスタンダードを覚えられたか、アドリブソロを弾いて判断JAZZ BASS TIPS

ベースの tacama です。
ライブハウスなどで、ジャズを20年演奏しています。

YouTube と Instagram の方にも投稿しています。

ジャズスタンダードの勉強には、コード進行を覚えるのがオススメです。

何曲か覚えるとパターンがみえてきますからね。
すると他の曲も覚えやすくなり好循環です。

 でも覚えられたかどうかが、ちょっと不安
覚える作業をしていると悩むのが
「ちゃんと覚えられたかどうかがわからない」
ということです。

自分では覚えたつもりでも、なんか不安が残るということがあります。

そんな場合には「アドリブソロ」を弾くことがオススメです。

ジャズスタンダードを覚えられたか、アドリブソロを弾いて判断

まずコード進行を覚えることについては大丈夫でしょうか。

覚え方は、
「コード進行の覚え方【チカラ技、ツーファイブ+α、ジャズ・ポップスへ】」
のページに書きました。

ウォーキングだけで大丈夫だろうか

ベーシストは、おそらく曲も覚えるときには伴奏を弾いて確認すると思います。
ジャズならウォーキングベースラインなどですね。

これでも曲は覚えられますが、気になるのが、きちんとコードタイプも覚えられているかどうかです。

コードタイプを覚える

コードタイプは、メジャーセブンスやマイナーセブンス、ディミニッシュなどのことです。

ベーシストはコードのルートだけを覚えがちです。
コードタイプこそ大切なので注意が必要です。

それでコード進行を覚えるにあたって、コードタイプをきちんと覚えられたかのチェックがしたいのですが、それはソロを弾いてみるとイッパツでわかります。

アドリブソロはコードタイプを覚えていないと弾けない

ウォーキングラインは、ともするとルートだけをつないでいけば、なんとなくできてしまったりしますが、ソロはそうはいきません。

コード進行をしっかり理解してないと手も足も出ないはずです。

コードトーンが "パッ" と浮かぶ必要がある

アドリブソロはコードトーンが4つともすぐに浮かばないと弾けません。

なのでコードタイプをわかっていないといけないわけで、きちんと覚えられているかのチェックに使えるわけです。

メモリーした曲は財産になる

以上、ジャズスタンダードを覚えられたかどうかのチェック方法について書いてみました。

覚えた曲は財産になりますので、がんばって覚えましょうね。

タイトルとURLをコピーしました