「So What」のソロを落ち着いてスタートしてみる【ジャズ/ベース】

「So What」のソロを落ち着いてスタートしてみる【ジャズ/ベース】JAZZ BASS TIPS

ベースの tacama です。
ライブハウスなどで、ジャズを20年演奏しています。

YouTube と Instagram の方にも投稿しています。

「So What」などモードは、ともすると「一発もの」とも取られがちです。
ファンクなどのソレですね。

「一発もの」はコード一つだけの曲やソロのことです。

なので、つい勢いよく、たくさん音符を詰め込んでしまうかもしれません。

モードに限ったことではないですが、特に最初から飛ばすことは良くないです。
自分の首をしめることになります。
尻すぼみのソロというのも、あんまり良くないですからね。

なので、文章のタイトルにあるように、少ない音符で落ち着いてスタートすることを心がけてみてください。

マイルスなどは、クールにソロを取っている印象がありますよね。
あんな感じを真似できたらいいなと思います。

そしてその少ない音は、きちんと音を狙っていきましょう。

特にモードでは、ノンコードトーンを選ぶようにすると、良い具合に演奏できると思いますよ。

ノンコードトーンを簡単に使えるようにする方法【モード/ジャズ】」で書いたことを参考にしてください。

このページは、
毎月の課題曲まとめ【ジャズスタンダード/ジャムセッション対策】
に追加しました。

タイトルとURLをコピーしました