少ない音符でソロをとれないか【ジャズのアドリブソロのコツ】

少ない音符でソロをとれないか【ジャズのアドリブソロのコツ】JAZZ BASS TIPS

ベースの tacama です。
ジャズを 20年演奏しています。

YouTube や Instagram の方もぜひ。

ジャズでソロをとる場合に、音をたくさん詰め込みすぎていないでしょうか。

これはぼくも耳が痛い話ですが、ついごまかそうとして細かい音符を弾いてしまいますよね。

今回は少ない音符でソロをとることについて、少し書いていきます。

少ない音符でソロをとれないか

少ない音符でソロをとれないか

ソロはメロディだということを、思い出さなければなりません。

基本はメロディをつくること

やはりソロの基本はメロディをつくることです。
音符で埋めるだけでは、なかなかかっこいいソロにはなりません。

テーマが参考になる

試しにスタンダードのメロディを見てみると、けっこうすき間というか休符が多いことに気づきます。
まったく弾かない小節すらありますね。

そう、メロディは弾かない部分も大切なのです。

長い音符を弾いてみよう

休符を入れるのは最初はけっこう怖いです。
人と話すときの「間」が怖いのと同じですね。

なのでまずは、長い音符を入れるようにしてみましょう。
二分音符や、可能なら全音符など。

音を鳴らしていれば、とりあえず安心できます。

レジェンドの演奏も参考に

たとえばマイルスも、途中から少ない音符で勝負するようになりました。

初期の頃はけっこうたくさん音数を入れていたのですが、有名な黄金期あたりから、渋いスタイルをつらぬいています。

考えてみると、歴史に名を残した演奏家で、やたら弾きまくるようなスタイルのひとは少ないように思います。

話す内容を狙っていこう

話す内容を狙っていこう

ダラダラ話すのではなく、その場その場で的を得たことを話していくソロが、やはり理想的ですね。

これはぼく自身の課題でもあります。
というかジャズを演奏しているひと全員の課題ですね。
目標です。

もしかしたら、これは普段の会話などから鍛えられるかもしれません。
新入社員なども先輩から、「頭の中で一回考えてから話せ」って怒られますものね。

ジャズも同じでしょう。
必要のないことを削るプロセスを持ってみてください。

それでは以上です。
ジャズベースソロ上達のためのブログ記事まとめ【練習法・コツ】
このページは、に追加しました。

タイトルとURLをコピーしました