論語とジャズ①【耳コピの効果の出方と同じことが書いてあった】

論語とジャズ①TOPICS

こんにちは。ベースのタカマです。
20年ジャズを演奏しています。

最近、渋沢栄一というすごいひとがいると知って「論語と算盤」という本を読んでいるのですが、その中で論語を読め読め、ずっとすすめられているので、ちょっと論語の方も読んでみています。

でも論語は難しそうので、読んでいるのはこの本。

ディスカヴァー・トゥエンティワン

だいぶ分かりやすく訳してあります。

それで読んでいたら、なんだかすごい勉強になる言葉がたくさん出てきます。
なんと楽器の練習曲とオーバーラップするところも多いです。

というかこれ2千年前に書かれた文章なんですよね。
中国すごい。

論語とジャズ①

論語とジャズ①

たとえばこの部分。

これってまさに耳コピだ。
"学んだことを自分のものにするために努力を重ねていれば、あるとき、ふと本当の意味での理解が起きて、自分自身のものになる。
学んだことを自分自身のものとして、感覚を取り戻す。
それが「習う」ということだ。
それはまさに悦びではないか"
"超訳論語" 安冨歩 著

どうゆうことかというと、耳コピって効果が出るまでに数ヶ月かかるんです。

あるフレーズをコピーしてから、そのフレーズがソロに出てくるまでに2、3ヶ月かかったりします。
なのでまさに耳コピのことを言ってるじゃん、となったわけです。

なぜか耳コピは遅効性

ところで、なぜ耳コピの効果が数ヶ月後にあらわれるかは不明です。
きっと脳の処理の仕方に関係があるのでしょうね。

ここに耳コピの大切さと、耳コピのしんどさがあります。

効果がすぐに出ないとやる気なんて起きないですよね。
でもやらないとフレーズは増えない。

もどかしいです。

耳コピについては少し前にも書きましたので、興味があるかたはぜひ読んでみてください。

記事はここまでです。
また論語を読んでいて面白い部分があったら、ここで紹介しますね。

タイトルとURLをコピーしました