ポール・チェンバースを耳コピしよう【オススメのアルバムも書きます】

ポール・チェンバースを耳コピしようTIPS

こんにちは。ベースのタカマです。
ジャズを 20年演奏しています。

ジャズで一番よしとされている練習方法は「耳コピ」です。
「耳コピー」や単に「コピー」とも言われますね。

耳コピすると得られる効果は、

  • 音感トレーニング
  • ジャズのアーティキュレーションの習得
  • 楽器のテクニック
  • リズム感

です。

ぜひ耳コピしましょうね。

耳コピはポール・チェンバースがオススメ
あなたがベーシストの場合は、ポール・チェンバースのコピーをすすめたいと思います。

なぜポール・チェンバースなのか。
少し書いてみようと思います。

ポール・チェンバースを耳コピしよう

ポール・チェンバースを耳コピしよう

ポール・チェンバースといえば、マイルス・デイビスのグループでの活躍が有名ですね。
世界中のジャズのベーシストに、いまも一番影響を与えているひとです。

ポール・チェンバースのコピーをすすめる理由は、いくつかあります。

理由① ガット弦で音を取りやすい

意外かもしれませんが、ガット弦の方が音を取りやすいです。
なぜなら弦が柔らかいので、音程がハッキリ出るからです。

理由② 音色が良い(発音)

ポール・チェンバースの音は素晴らしいです。

バズーカでも発射したかのようなスピードと迫力のある音で、バンド全体の推進力になっています。

これをマネするように耳コピしましょう。

理由③ フレーズの内容が良い

ポール・チェンバースのベースライン、ソロのフレーズには定評があります。

ソロはホーンライクだし、ベースラインもまるでメロディのようです。

なぜこのラインが弾けたか、分析しながら耳コピしましょう。

最初に耳コピするのにオススメのアルバム

最初に耳コピするのにオススメのアルバム

ポール・チェンバースの参加アルバムはたくさんありますが、中からひとつ、耳コピにオススメのアルバムを紹介したいと思います。

「Bass on Top」

超有名なアルバムです。
ポール・チェンバースがリーダーです。

このアルバムは特にベースがよく聴こえます。
なので耳コピにうってつけですね。

ちなみにこのアルバムで、ぼくが最初にコピーしたのは「Dear Old Stockholm」です。

この曲はテンポが早くないので、コピーが不慣れなかたにちょうどいいです。

ぜひこの曲からコピーしてみてくださいね。

それではまた別の記事で。

Createspace Independent Pub
タイトルとURLをコピーしました