【コントラバス】寒い冬の日の練習スタートまでのルーチン【寒いのつらい】

【コントラバス】寒い冬の日の練習スタートまでのルーチン【寒いのつらい】JAZZ BASS TIPS

ベースの tacama です。
ジャズを 20年演奏しています。

YouTube や Instagram の方もぜひ。

冬は楽器をするひとにとってつらいシーズンです。
楽器が冷たくて、それだけで練習から遠のいてしまいそうです。

子どものころは夏より冬の方がマシだと思っていました。
でも大人になってからは完全に逆転しました。

寒いと手はかじかんで動かないし、部屋が暖まるまで時間かかるし(冷房はすぐ涼しくなりますよね)、完全に夏の勝利です。

そんなぼくの、冬の日のルーチンを書いてみたいと思います。
練習スタートまでのルーチンです。

と言っても、ただただ「寒いの嫌ですよね」っていうのを、共感するだけの文章になってしまうかもしれません。

寒い冬の日の練習スタートまでのルーチン

寒い冬の日の練習スタートまでのルーチン

まずはやはり部屋を暖めることから。

暖房をON

最近は灯油のストーブをやめて、電気ストーブでしのいでいます。
昨年買った「アラジン」のストーブがお気に入りです。

買ったのはこちら。

赤外線ストーブの中でも、かなり暖かい方だと思います。
電器屋さんで散々比較して買いました。

また、もしアラジンで足りなくなったら、温風の出るファンヒーターも導入します。

楽器はケースに入れたまま

時間のあるときは、この段階では楽器をケースに入れたままにしています。
なるべくゆっくり楽器を温めるためです。

温かい飲み物をつくる

そして暖房を入れたあとは、自分自身を温めるためにホットの飲み物をつくります。
部屋を暖めるための時間かせぎの意味も、あるっちゃあります。

つくるのは、コーヒーか、豆乳をチンです。
最近のお気に入りのコーヒーは、AGFの「ちょっと贅沢な珈琲店」です。

ドリップコーヒーによっては紙の部分が弱くて淹れにくいものがありますが、こちらは比較的しっかり立っていてくれます。
味も苦味がしっかりあって気に入っています。

ぼくは胃が弱いのでコーヒーは豆乳を入れて飲みますが、このコーヒーのように苦味が強い方が、豆乳とは相性が良いです。

ハンドクリームを塗る

飲み物をもって部屋に向かいます。

部屋についたら、ハンドクリームを塗ります。
もちろん飲み物をつくりながら塗っても良いのですが、ぼくはいつも忘れます。

乾燥肌のひとは、この時期ハンドクリームは欠かせないでしょう。
ぼくは楽器を弾く前にかならず塗っています。

今年のお気に入りは、「尿素10%クリーム」という資生堂の商品です。
薬局で見たことあるのでは。

「塗ってすぐサラサラ」とかではないので気に入っています。
比較的ベトベトです。

ある程度ベトベトしないと、楽器を弾く前としては意味ない気がします。

ソロソロと弾き始める

ここまで、暖房を入れて飲み物つくって、せいぜい15分といったところでしょうか。
楽器はまだ全然冷たいはずです。

早く弾きたい場合は、ソロソロとひきはじめます。
あんまり冷たい場合は、右手にダメージのない弓から始めることもあります。

もしくは、もう少し部屋が暖まるまで、飲み物をゆっくり飲んでいた方が、結局は良いのかもしれませんね。

チューニングは楽器が温まってから

ソロソロと弾いていますが、このときチューニングはまだしません。
しても意味がないからです。

弦楽器の場合、寒くて高めになっていることでしょう。
完全に楽器が温まってから、やっとチューニングします。

現場でも、リハーサルの途中くらいでチューニングします。
ちょっともどかしいですね。

冬の好きなところ

冬の好きなところ

最初に書いたように、大人になって冬が嫌いになりました。

でも好きなところもあります。
星が綺麗なところです。

オリオン座の短剣

きっと気温が低くて湿度が低くなり、大気が澄むのでしょうね。
冬は星がよく見えます。

オリオン座は見つけられるでしょうか?
腰の部分に3つの星が見えます。

この3つの星はベルトなのですが、よく目をこらすとその下に、さらに小さい三ツ星が見えます。
これは「短剣」です。
たぶん魔物と戦う武器ですね。

この三ツ星、なんとエジプトの三大ピラミッド、クフ、カフラー、メンカウラーの並びと同じらしいんです。
本当かなあ。

さて、雑学を披露したところで、今回は以上としたいと思います。

みなさんも寒さに負けず、練習がんばってくださいね。

タイトルとURLをコピーしました