自分の音が聴けない理由【コントラバス/ウッドベース】

自分の音が聴けない理由【コントラバス/ウッドベース】JAZZ BASS TIPS

ベースの tacama です。
ライブハウスなどで、ジャズを20年演奏しています。

YouTube と Instagram の方にも投稿しています。

いつも、「自分の音を聴きましょう」と、ことある事に言っています。

それくらい自分の音は聴こえにくいものです。
もしかしたら、小さいころから楽器を弾いているひとや、勘の良いひとなどは、自然にできることなのかもしれません。

それでは、なぜ自分の音が聴けないのか。

答えは「別のところに気が行ってしまっているから」です。

人間の脳はマルチタスクではない、と言われます。
同時に複数を処理できない。

コントラバス(ウッドベース)の場合、たとえば運指や読譜、フォームなどのことに気が行ってしまっている可能性が高いです。

なので半ば強引に、自分の音を聴くことにフォーカスさせる必要があります。
聴く練習をしないといけませんね。

うまく聴けていると、自分の演奏ではないような、変な感覚になると思います。
客観視できている状態ですね。

この状態を目指して訓練していきましょう。

このページは、
コントラバス/ウッドベースの「音程」に関するブログ記事まとめ
に追加しました。

タイトルとURLをコピーしました