ウッドベースをやってみたいかたは「音レント」もアリ【楽器レンタル】

ウッドベースをやってみたいかたは「音レント」もアリ【楽器レンタル】BASS GEAR


ベースの tacama です。
ウッドベースを 20年弾いてます。

ぼくの演奏は YouTubeで聴けます。
» tacama の YouTubeチャンネル

ウッドベースをやってみたいと思っているかたは多いと思います。
ただ始めるのになかなかハードルの高い楽器ですよね。
値段も高いし、場所もとるし。

実はウッドベースのレンタルサービスも無いことはなくて、近所の楽器屋さんに問い合わせてみるのも手です。

「サイレント」のウッドベース(SLB)
"サイレント"のウッドベースなら、ヤマハがレンタルのサービスをしています。

サイレントとはヤマハの商品で、エレクトリップアップライトベースのことです。
ボディが空洞で、アンプがないと音が鳴らない楽器です。

ヤマハのサイレントベースは「SLB」という型番がついています。
通常この型番で話すことが多いです。

サイレントでもウッドベースの弾いた感じは分かりますので、ヤマハで借りるのもいいかもしれません。

ウッドベースをやってみたいかたは「音レント」もアリ

ウッドベースをやってみたいかたは「音レント」もアリ

ヤマハのサイレントベースのレンタルサービスは「音レント」というものです。

音レントのでサイレントベース(SLB)レンタルの詳細

音レントの値段等の詳細は、

  • レンタル料金:13,900円(税抜/1ヶ月)
  • レンタル期間:最短 8ヶ月~最長26ヶ月
  • 楽器は「SLB100」
  • 返却せずそのまま買い取ることも可能

最短 8ヶ月は、お試しの場合にはちょっと長過ぎる気がしますね。
ちなみに SLB100の新品は 30万円くらいです。

SLBについては
ヤマハサイレントベースをグレード別比較【ウッドの代わりはこれ一択】
の記事も参考にしてみてください。

ぼくのレッスンでは無料レンタル

ぼくのウッドベースレッスンでは、レッスン時、ぼくの楽器を無料でつかってもらっています。
よかったら利用してくださいね。

» 高間康弘ジャズベーススクール

せっかくのやってみたい気持ちは大切にしてください。
人生短いので、なんでもやってみたいことはトライしていくべきだと、ぼくは思っています。

それではまた別の記事で。

タイトルとURLをコピーしました