セカンダリードミナント【ジャズのコードアレンジを理解しよう】

セカンダリードミナント【ジャズのコードアレンジを理解しよう】JAZZ TOPICS

ベースの tacama です。
ジャズを 20年演奏しています。

YouTube や Instagram の方もぜひ。

ジャズスタンダードを理解するために知っておいて欲しい知識のひとつに、
「セカンダリードミナント」
があります。

どんなものかというと、
「任意でセブンスコードに変えられる」
というルールです。

知っておくと、一段深く楽譜が理解できますので、ぜひ頭に入れておいてください。

セカンダリードミナント

セカンダリードミナント

たとえば、下の iReal Pro の楽譜の矢印の部分ですが、これはセカンダリードミナントの処理がされています。

ここはもともと「Am7」です。
セカンダリードミナントによって「A7」にアレンジされています。

セカンダリードミナントのルール

一応、定義があって、

「解決先がダイアトニックコードである」

というものです。

しかしそれでほど気にしなくて大丈夫です。
適当にドミナントセブンスを作ってみてください。

ドミナントセブンス

そう、セカンダリードミナントは、任意にドミナントセブンスを作れるルールです。

なのでターゲットは4度上(5度下)になります。
ターゲットは次にくるコードですね。

元のコードを覚える

逆にセカンダリードミナントを見つけたら、頭の中でもとのコードに戻します。
ほぼマイナーセブンスになるはずです。

基本的に、もとのコードで覚えましょう。

スタンダードの場合、セカンダリードミナントは各自がおこなうアレンジの一種だからです。

ただし、曲によってはセカンダリードミナントの方で定着してしまったものもありますので、その場合はそちらに従いましょう。
作曲者がセカンダリードミナントの方で作曲した場合も同じです。
特殊なスタンダードには注意ですね。

セカンダリードミナントを探してみよう

セカンダリードミナントを探してみよう

ぜひスタンダードブックなどで、セカンダリードミナントを探してみてください。
そして、「もともとここは何のコードなんだろう」と、分析もしてみてください。

よりジャズやアレンジの理解が深まりますよ。

それでは以上です。

この文章は、
音楽理論/ジャズ理論関連のブログ記事まとめ【ほぼベーシスト向け】
に追加しました。

タイトルとURLをコピーしました