楽器上達のために、良い音で音楽を聴こう【低品質はうまくなりません】

TIPS

ベースの高間です。
ライブハウスなどで、ジャズを 20年演奏しています。

みなさんはふだん音楽をどんなツールで聴いているでしょうか?
最近はケータイで YouTubeや、音楽アプリで聴くことが増えてきたと思います。

便利な反面、ぼくはこのことに危機感も感じています。
特に楽器を演奏しているひとにとって良くないと思っています。

便利になるにつれて音が劣化している

実はケータイで聴くために、音楽はかなり音質を下げて配信されています。
あまり重要でない音は削って、ネットで配信しやすく加工されています。

そのおかげで手軽に音楽が聴けるようになった反面、音が劣化してしまったのです。
これは音楽にたずさわるひとにとっては、大きな問題だとぼくは考えています。
良い音が世の中から減っていっています。

なるべく良い音で音楽を聴こう

便利になったものは、なかなか元にもどれないです。
なので便利さを受け入れつつ、「なるべく良い音で音楽を聴こう」と提案したいです。

そもそも「良い音を聴かないで、どうして良い音を提供できるのか」と思いませんか?

楽器上達のために、良い音で音楽を聴こう

楽器上達のために、良い音で音楽を聴こう

良い演奏、良い音を聴いて感性を育てることは、演奏者にとって大切なことです。
現在は良い音を聴くための努力が必要になっています。

生演奏が一番

まず「生演奏がわれわれへの最高の入力だ」ということを知りましょう。
生で演奏を聴くのが、もっとも上達に効果があります。

一番情報量が多い

生演奏が音質の面で一番情報量が多いです。
これは当然のことですね。

生演奏以外はすべて「劣化コピー」といえます。

体でも音を聴いている

「つのだ☆ひろ」というドラムも歌もうまい有名なアーティストがいますが、「音楽は観るものだ」とおっしゃっています。

音は空気の振動ですから、「体でも聴いている」とぼくは思うんです。

なるべく生の音に近い環境で聴こう

上に書いたように生演奏がベストではありますが、そうそう聴きにいってられないですよね。
海外の有名アーティストの演奏なんて、生で観る機会はなかなかありません。

なのでここから努力が必要になってきます。

ベストはレコード

アナログレコードで聴くのが本当はいいですね。

一度でも聴いたことがあるひとはわかると思います。
その場に演奏者がいるみたいな臨場感ですよね。

ただコスト面や、すべての録音がレコード化されるわけではないので、現実には選びにくい選択肢です。
ぼくもレコードは聴いていません。

現状CDがベストでは?

上のように考えていくと、「CD」はなかなかいい線いっていることに気づきます。
数年前までは主流だったのに、いまでは買うひとはかなり少なくなってきました。

CDは「WAV」という規格ですが、「MP3」に比べたらかなり高音質ですよ。
音質の面ではいまだ現役だと考えています。

ぼくは CDで音楽を聴くことを、いつもまわりにススメています。

ハイレゾ音源に期待

ただ CDはいつかは完全にすたれていくメディアだと思います。

ハイレゾ音源など、次世代の技術に期待しています。
ハイレゾけっこういいと思うのですが、なかなか広まらないですね。

おすすめの音楽を聴くツール

おすすめの音楽を聴くツール

良い音質の音源を選んでも、聴くツールがイマイチだとさびしいですね。

オススメの聴く環境を紹介します。

卓上スピーカー

音楽はなるべくスピーカーで聴くことをオススメしています。
上で言ったように、体でも音波を感じているはずだからです。

「Creative」のスピーカー

といっても高級なスピーカーで聴いているわけではありません。
ぼくは「CEATIVE」の卓上スピーカーが気にいっています。

パソコンにつないで使っていますが、Bluetoothが使えるのもなにげに便利です。

クリエイティブ

こんな小さいサイズなのに低音がしっかり出て、なかなか気持ちよく音楽が聴けますよ。

*ぼくの買った「T12」は取り扱いがなくなったようです。
上のリンクの「T15」は後継機種で、ぼくのと同じワイヤレス(Bluetooth)対応です。

イヤホン

外などではイヤホンが必須になりますね。
ぼくのオススメは「ゼンハイザー」のイヤホンです。
ドイツのメーカーです。

ゼンハイザー

ただ先日バスに乗ったときだと思うのですが、なくしてしまったんです。
買いなおさないと。
しまう袋もオシャレで、かなり気にいっていました。

記事は以上です。
なるべく良い音で音楽を聴いて、しっかり感性と耳を育てましょう。

タイトルとURLをコピーしました