【ベース速弾き】左手の押さえ過ぎに注意しよう【エレキ・ウッド】

左手の押さえ過ぎに注意しようJAZZ BASS TIPS

ベースの高間です。
ベース歴 20年です。

速弾きってカッコイイですよね。
速く弾けるとソロの内容に幅もでます。

ベースラインでもテンポの速い曲や、メタル、R&B、ソウルなど、ジャンルによっては速く弾けないと始まらない曲もありますね。

初心者~中級者の段階では、速く弾けなくて詰まることもあると思います。
どうがんばってもフレーズに追いつかない。

左手の押さえ過ぎに注意しよう

問題は3つあります。

  • 右手が追いついていない
  • 左手が追いついていない
  • 頭が追いついていない

ここでは左手について話そうと思います。

左手の何がダメか

そのフレーズを速く弾くために色々と試行錯誤すると思います。

「運指を換えてみようか」
「ゆっくりのテンポから練習してみようか」

それでも弾けない場合、弦を押さえ過ぎているかもしれません。
押さえ過ぎて力んでいる状態です。

左手の力み

何ごとも力んでいてはスピードが出せません。
ボクサーがパンチを打つとき、ヒットの瞬間以外は手は緩んでいるそうです。

これはベースにも同じことが言えると思います。
音を鳴らすときだけ押さえる。

また押さえる力も最低限にします。
ムダをはぶいて効率を高めます。

できているひとを観察

これは速弾きができているひとを観察することでも分かります。

サラサラっと弾いていますよね。
力んでいるようには全然見えません。

速く弾けないフレーズがある場合、押さえる過ぎていなか、チェックするようにしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました