エレキベースとウッドベース、両方弾いていて思うこと【違い・音作り】

エレキベースとウッドベース、両方弾いていて思うこと【違い・音作り】JAZZ BASS TIPS

こんにちは。ベースの tacama です。
ジャズ演奏歴20年です。
エレキベースとウッドベース両方弾きます。

ぼくの演奏は YouTubeで聴けます。
» tacama の YouTubeチャンネル

楽器歴としては、

クラシックギター » エレキギター » エレキベース » ウッドベース

といった感じです。
エレキベースが弾ける状態からウッドベースを始めました。

エレキベースはギター属、ウッドベースはバイオリン属といって、一応ちがう生まれの楽器なのですが、ぼく的にはほぼ同じ楽器としてあつかっています。

ちなみにウッドベース(コントラバス)は、本当はバイオリン属でなくガンバ属なんです。
まあ細かいことはいいですよね。

この記事では、両方弾いていて思うこと、気づいたことを書いていきます。

エレキベースとウッドベース、両方弾いていて思うこと

エレキベースとウッドベース、両方弾いていて思うこと

一番おおきな違いは「フレットのあるなし」です。

フレットってステキ

ウッドベースはフレットがありませんが、フレットがないことがこれほどの苦労を生むとは思っていませんでした。
音程がぜんぜん合わない。
ほんの2mmずれただけで気持ちわるい音程になります。

「自分の耳がよくなっていっている」ともいえますが、上達すればするほど、自分の音程のわるさが気になります。

ウッドベースは和音がたいへん

あとフレットがないことで和音がかなり弾きにくいです。
ぼくはギター出身もあって和音を弾くのが好きです。

過去にこんな曲もつくりました。

これをウッドベースでやろうとすると、ものすごく大変です。
ただでさえ大変な音程の問題が、10倍くらい難しくなります。

ニールス・ペデルセンというウッドベースのレジェンドがいますが、彼のコードワークは音程がバッチリで美しいです。
ぼくら一般人は「和音は2つまで」ですね。

関係ないですが、ガッツ石松の「バナナは一日20本まで」を思い出しました。

弦の太さ

弦の太さは、つかっている弦にもよりますが、ぼくの張ってる弦ではすこしだけウッドベースの方が太いです。

ぼくが張っている弦はこちらです。上の動画でわかるとおり、エレキは5弦ベースを弾いています。

エレキベース - ロトサウンド / RS665LD Swing Bass

4弦もあります。

Swing Bass は、ジャコ・パストリアスが「これ一択」といって張っていた弦ですね。
ぼくも気にいっています。

ウッドベース - スピロコア(ライトゲージ)

スピロコアはウッドベースでは最もメジャーな弦です。
ミディアムゲージもありますが、ぼくはライトゲージの方が音色が好きです。

太さを比較

弦の太さをくらべてみます。
インチをミリになおしました(四捨五入)。
4弦の方で比較します。
上から1弦(細い弦)です。

RS665LD Swing Bass(Standard Gauge)
  • 1.14mm
  • 1.65mm
  • 2.03mm
  • 2.67mm
スピロコア(Light Gauge)
  • 1.17mm
  • 1.60mm
  • 2.01mm
  • 2.72mm

ほぼ同じですね。
なんとなくウッドベースの方がだいぶ太いと思っていましたが、錯覚だったようです。
きっと弦高が高いせいで、そう感じていたのでしょうね。

弦高の違い

エレキベースは先日調整してもらいましたが、弦高は高めでお願いしました。
ウッドベースとの差を少しでもなくそうと思ったのです。

測ってみたところ、

ぼくのエレキの弦高
  • 1弦(一番細い弦)» 指板はしで4mmジャスト(21フレット上で3mm弱)
  • 5弦(一番太い弦)» 指板はしで4.5mm強(21フレット上で3.5mm強)

ウッドベースの弦高も書きます。
これはわりと一般的なセッティングです。

ぼくのウッドの弦高
  • 1弦 » 指板はしで6mm
  • 4弦 » 指板はしで10mmほど

(*太い弦にいくにしたがって1mmあがっていきます)

エレキベースは太い弦へいってもそれほど弦高があがってないのに対し、ウッドベースは大きくあがっていますね。

調整はどちらも専門のリペアマンにおこなってもらっていますので、この調整のしかたは一般的なものだと思います。

この弦高の差は大きいですね。どおりでウッドベースの方が弾きにくいわけだ。
もう慣れちゃったけど。

機材

機材はエレキベースもウッドベースも、ぼくは同じものを使っています。

アンプはアコースティックイメージTenⅡ、ケーブルはCAJ。エフェクターは使わず、アンプ直差しです。

Acoustic Image Ten2

カスタムオーディオジャパン ベース用 シールドケーブル

音作り

音作りについては、ぼくはまったく同じにとらえています。
バンド内で埋もれないで、かつ強く優しい音をつねにねらっています。

ハード以外のこと

ハード面での違いを書いてきましたが、ソフト面というか、弾いてる感じはというと、音色がけっこう違うなと感じています。
あれ、いますごく当たり前なことを言いました?

音色の違い

ウッドベースは「ボンッ」といった音色で、音の輪郭があまりはっきりしません。
ただ音圧があります。
何か音のかたまりを発射している感じがします。

対してエレキベースは「ビーン」といった音色で、エッヂのはっきりした音ですが、ウッドベースほどの音のかたまりを感じません。

それぞれの得意なジャンル

そのため、ウッドベースでジャズのウォーキングベースは雰囲気を出しやすいですが、エレキベースでウォーキングベースはかなり難しいです。
頼りない感じになってしまいます。

逆にエレキベースでファンキーな音楽やロック、ポップスなどは雰囲気を出しやすいですが、ウッドベースではなかなか難しいです。

でも当たり前のことをしてても面白くないので、エレキベースでウォーキング、ウッドベースでポップスなど、苦手なものを弾くのもまたチャレンジングで楽しいです。

運搬

運搬についても楽器を弾くひとにとっては大事な問題です。

やっぱりエレキベースの方が楽

移動や搬出入は圧倒的にエレキベースの方が楽ですね。

ウッドベースは車があった方がいい

またウッドベースは車がないと本当に大変です。
電車やバスに乗るツワモノもけっこういますが、ウッドベースは車が便利です。
アンプも運べますしね。

むかしウッドベースの運搬の話をしていたら、あるベーシストは「混雑する終バスでもへーきで乗る」といううわさを聞きました。彼は鉄のこころをもっていますね。

ウッドベースと車については
ウッドベース・コントラバスの車選び【ボディタイプ別に解説します】
の記事も参考にしてみてください。

クラシックのオーケストラのバス弾きは、楽ちんな場合がある

あと余談ですが、クラシックで団所有の楽器を使ってるのを見て、うらやましいって思うときがあります。
楽器はトラックなどで運ぶので、荷物は弓だけになるのです。

エレキベースとウッドベース、両方弾くと楽しさ2倍

エレキベースとウッドベース、両方弾くと楽しさ2倍

けっこうたくさんの項目をみてきましたが、ぼくは共通部分がほとんどだと思っています。
担当パートは同じだし、調弦も同じだし、楽譜も同じ。

両方弾くと楽しさ2倍、さらに+α

ですので、どちらかしか弾かないというひとは、ぜひもう一方も弾いてみて欲しいです。
楽しさ2倍ですよ。

本当のことを言うと2倍だと思っていなくて、それぞれで得たテクニックがもう一方でも使えるので、楽しさ4倍とかになるのではと思っています。

速弾き

たとえば、速弾きはエレキベースの方が得意だと思います。
エレキベースで練習した速弾きはウッドベースへもっていけます。

しっかりとしたピッキング

またウッドベースの方がしっかりしたピッキングを要求されます。
これもエレキベースへ応用すると、いいエレキベースの音が出せます。

むかし先輩ギタリストが「ウッドベースを弾くひとのエレキベースの音が好きだ」といっていました。
太い音が出るのでしょうね。

以上、似て非なるエレキベースとウッドベースをみてきました。
自分でもまとめていて面白かったです。
ぜひのもう一方楽器、はじめてみてくださいね。

それではまた別の記事でお会いしましょう。

タイトルとURLをコピーしました