著察権切れのクラシックの楽譜を活用しよう【パブリックドメイン】

著察権切れのクラシックの楽譜を活用しよう【パブリックドメイン】JAZZ TOPICS

ベースの tacama です。
ライブハウスなどで、ジャズを20年演奏しています。

YouTube と Instagram の方にも投稿しています。

ネットでクラシックの楽譜がダウンロードできるのを知っていますか?
「IMSLP」というサイトです。

» IMSLP

こちらは有名なサイトで、著察権の切れた曲の楽譜がまとまって置いてあります。
膨大な量の楽譜がダウンロードできますよ。

軽く使い方を書いていきますね。

著察権切れのクラシックの楽譜を活用しよう

まずはサイトへ移動します。

検索窓にアルファベットで入力

サイト中央に検索窓がありますので、ここに入力します。

検索窓にアルファベットで入力

ぼくは先日、ポッパーの楽譜を探していたので「Popper」と入力しました。

Googleの画面になる

検索に Googleのツールを使っているので、Googleの画面に移ります。

Googleの画面になる

「site:」というのは、「コロン以下のサイト内で検索」という意味です。
なので画面に表示されているのは、すべて IMSLP内のページです。

それらしいのをクリックしていきます。
ぼくは「Op.73」が欲しかったので、ここをクリックしました。
最初から「Popper Op.73」で検索すればよかったですね。

矢印のマークの中から探す

次はこんな画面になります。

矢印のマークの中から探す

矢印のマークの中からそれらしいのをクリックしていきます。

ダウンロードまで 15秒待つ

画面が移動したら、「15秒後にダウンロードが再開します。」という表示が出ます。

ダウンロードまで 15秒待つ

待ち時間は、有料サービスへの登録をうながしているのでしょう。
頻繁に使うなら登録しても良いですね。

たまに読みにくい楽譜が上がっています。
そんなときは他の矢印のものをクリックしてみてください。

PDFのアプリ(ソフト)が必要

楽譜は PDFという種類のデータでダウンロードされます。

PDFのアプリ(ソフト)が必要

最近のスマホは最初から見れるようになっているかもしれません。
もし入っていなかったら、「PDF リーダー」などの言葉でアプリを探してください。

以上です。
楽譜、探してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました