ベースはしっかり弾いて、大きい音で練習しよう【変なクセを予防】

ベースはしっかり弾いて、大きい音で練習しよう【変なクセを予防】JAZZ BASS TIPS

ベースの tacama です。
ライブハウスなどで、ジャズを20年演奏しています。

YouTube と Instagram の方にも投稿しています。

生徒さんにしばしば見受けられるのですが、楽器をとても小さい音で弾いてしまうかたがいます。

なぜかなと思っていろいろ訊いてみると、住宅事情のせいで、普段から気をつかって小さく弾いているとのことです。

この、いつも小さい音で弾いている状態のデメリットを書いていきます。

ベースはしっかり弾いて、大きい音で練習しよう

デメリットは 3つあります。

弱く弾くクセがつく

弱く弾く、つまりピアノ(p, 小さい音)しか表現できなくなります。

楽器の演奏において、ダイナミクスはとても大事です。
小さい音を弾けることもとても重要ですが、大きい音があっての小さい音です。

本番では大きい音が欲しくなる

演奏会やライブなどの本番では、会場の状態や周りの楽器のせいで、自分の音が聴こえにくくなることが多いです。

そんなときに無意識に大きい音を出そう体は反応します。
でも普段弾きなれていないので、たいがいは失敗します。

普段の練習から、本番の音量で弾くようにしましょう。

左手が鍛えられない

右手をしっかり弾くと、その分弦の振幅も大きくなります。
したがって左手もしっかり指板を押さえないといけません。

大きい音でしっかり弾くことは、左手のトレーニングにもなるわけです。

楽器が鳴らなくなる

コントラバス/ウッドベースなど、アコースティックな楽器については、優しく弾いていると楽器の鳴りが悪くなります。

なぜそうなるかは分かっていませんが、現実に起こることで、おそらく楽器の細かい部分が変化するのでは、とぼくは考えています。

練習環境を整えよう

しかし実際問題、マンションなどでは防音室でない限り、思いっきり音を出すことは難しいでしょう。

おすすめは、やはり練習スタジオなどを借りることです。

このことは、
「ウッドベース・コントラバスの練習場所【レンタルスタジオや防音のこと】」
のページに詳しく書きましたので読んでみてください。

文章はここまでです。

タイトルとURLをコピーしました