こころに残ったジャズの映画【ジャズベーシストがおすすめ】

こころに残ったジャズの映画【ジャズベーシストがおすすめ】JAZZ TOPICS

こんにちは。ベースの tacama です。
ジャズ演奏歴 20年です。

ぼくの演奏は YouTubeで聴けます。
» tacama の YouTubeチャンネル

この記事では、ぼくが過去に観てよかったジャズの映画を紹介したいと思います。

紹介する映画
  • ブルーに生まれついて
  • カンザス・シティ
  • JACO
  • スウィングガールズ

こころに残ったジャズの映画

こころに残ったジャズの映画

実はジャズの映画はけっこう存在していて、毎年いくつか上映されています。
映画で観るジャズも、なかなかいいものですよ。

また伝記やドキュメンタリー的なものは、貴重な音楽資料として、価値のあるものになります。

ジャズは外国の文化なので、日本では細かい情報は手に入りにくいですからね。

それではひとつずつ紹介していきます。

ブルーに生まれついて

ブルーに生まれついて [DVD]

トランペットのチェット・ベイカーの伝記的な映画です。
主役のイーサン・ホークが、トランペットと歌を猛練習したことが話題になりました。

チェット・ベイカーは当時アイドル的な人気がありました。
でも当時の多くのジャズミュージシャンがそうだったように、麻薬に手をだして没落していきます。
あまりハッピーな映画ではありません。

ぼくは映画館で観たのですが、観おわったあと、
「ジャズミュージシャンってやっぱりダメな人間なんだな」
って思って、ちょっと気分が落ちました。
逆にいえば、ジャズミュージシャンという人種のことが、よくわかる映画かもしれません。

カンザス・シティ

カンザス・シティ 【デジタル・リマスター版】 [DVD]

古きよき時代のジャズを、現代のジャズミュージシャンが再現した映画です。
ただ、ぼくは映画の内容より、豪華なミュージシャン目当てでDVDを買いました。

ちなみに太字のミュージシャンがぼくのお目当てでした。

  • Joshua Redman as Lester Young - tenor sax
  • Craig Handy as Coleman Hawkins - tenor sax
  • James Carter as Ben Webster - tenor sax
  • Dadid Murray - tenor sax
  • Jesse Davis - alto sax
  • David "Fathead" Newman Jr. - alto sax
  • Don Byron - clarinet/baritone sax
  • Olu Dara - cornet
  • Nicholas Payton - trumpet
  • James Zollar - trumpet
  • Curtis Fowlkes - trombone
  • Clark Gayton - trombone
  • Victor Lewis as Joe Jones - drums
  • Geri Allen as Mary Lou Williams - piano
  • Cyrus Chestnut as Count Basie - piano
  • Ron Carter - bass
  • Christian McBride - bass
  • Tyron Clarke - bass
  • Russell Malone - guitar
  • Mark Whitefield - guitar
  • Kevin Mahogany - vocal

映画の中でたくさん演奏シーンがあるのですが、一番印象に残ったのはラストの「Solitude」です。
ベースのクリスチャン・マクブラドとロン・カーターが、二人でメロディを交互にとるのですが、それはそれはとても美しいです。

JACO

JACO [DVD]

Jaco Pastorius - Jaco [DVD]

上の日本語版が在庫切れだったので、英語版ものせました。

ジャコ・パストリアス。
世界中にベーシストを大量につくったひとです。
彼を観てベースを始めたひとは、どれほどいるんだろうと思います。
著名人でいうと、リチャード・ボナ、アヴィシャイ・コーエン。

そんな偉大なベーシストの伝記的な映画です。
でも先のチェット・ベイカーと同じで、麻薬が絡むちょっとつらい映画です。
でも、たくさんのひとに惜しまれてあの世へいったんだと再確認できて、うれしかったです。

映画館で観たのですが、エンドロールでがまんできず泣きました。
ヴィクター・ベイリーがインタビューで出演していたのです。
実はほんの1,2週間前に彼の訃報を知ったばかりでした。
難病をわずらっていたことも知りませんでした。

ヴィクター・ベイリーといえば、ウェザーリポートのジャコの次のベーシストです。
ジャコは「こいつはものすごくベースがうまいんだ」といってメンバーに紹介した、と聞いたことがあります。

過去のひととなってしまった2人の偉大なベーシストを前にして、なぜか悔しくなって泣いてしまいました。

スウィングガールズ

スウィングガールズ スタンダード・エディション [DVD]

この映画は説明不要ですね。
実は去年やっと観ました。
もっとはやく観ればよかったです。
とてもわくわく観れて、最後までノンストップでした。

これを高校や中学のときに観ていたら、絶対吹奏楽部にはいってたと思います。
いま吹奏楽をしている学生さんは絶対観て欲しいです。

あとやっぱり竹中直人には笑ってしまいますね。
さすが名俳優。

ジャズの映画って映画館で観れるの?

ジャズの映画って映画館で観れるの?

スイングガールはちがいますが、ジャズの映画はやはりちょっとマニアックなので、大きい映画館ではなかなか上映されません。
普通のひとがいかない、映画好きが行くような映画館で探すことになります。

でも、そうゆう映画館てなんだかわくわくして、ぼくは好きです。
普段できない経験が、そこではできそうな予感がするんです。
ぜひそんな映画館に、みなさんも足を運んでみてくださいね。

記事は以上になります。
ぜひどれか観てみてくださいね。

上のいくつかは TSUTAYA にもありました
タイトルとURLをコピーしました