ウッドベースでのイントロは、慣れるまでは無難に【例も紹介します】

ウッドベースでのイントロは、慣れるまでは無難に【例も紹介します】JAZZ BASS TIPS

ベースの tacama です。
ジャズを 20年演奏しています。

ぼくの演奏は YouTubeで聴けます。
» tacama の YouTubeチャンネル

たまに「この曲はベースでイントロで」ってふられますよね。

ベーシストは基本的にイントロに慣れていません。
イントロはいつもピアニストかギタリストが、いい感じに出してくれますよね。

でもせっかくなので、われわれベーシストもイントロを出せるようになりましょう。

ウッドベースでのイントロは、慣れるまでは無難に

ホントはこんなイントロが出せるとカッコイイんですけどね。

All Or Nothing At All

» 収録アルバム「Love Scenes」

さすがクリスチャン・マクブライド。
でもいきなりこれは難しいので、慣れるまではゴク簡単なフレーズにしましょう。

いつもどおりのベースラインで OK

普段のベースラインでまったく構いません。
たとえば、コーラスの最後8小節などを、いつも通り伴奏のベースラインを弾くだけです。
パーシー・ヒースのいい例があります。

Venice - Cannonball Adderley

» 収録アルバム「Know What I Mean ?」

シンプルなベースラインで、十分いいイントロになることがわかります。

イントロをなめたらダメ

実はイントロってかなり奥が深いんです。
イントロだけで分厚い本が出てるくらいですからね。

ピアニストも苦労しているイントロ出しです。
われわれベーシストも少しずつ上達していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました