ベーシストは爪はしっかり短く切りましょう【深爪して痛くない程度に】

ベーシストは爪はしっかり短く切りましょう【深爪して痛くない程度に】JAZZ BASS TIPS

ベースの tacama です。
エレキベースとウッドベース(コントラバス)を 25年弾いています。

YouTubeで演奏動画も配信しています。
よかったら観てみてください。
» tacama の YouTubeチャンネル

 爪をきちんと短くしていますか?

上の画像はぼくの手です。
乾燥タイプアトピーで、手が汚いのは許してくださいね。

爪はどうでしょう。
きちんと指の先より出ていませんね。

ぼくが昔習っていたコントラバスの先生なんか、
「短く切っていたらどんどん小さくなっていった」
と言っていて、爪がぼくの半分くらいの長さになっていました。

やっぱり爪が長いとベースを弾くのに支障がでてきます。
どんな支障が出るかを書いていきます。

ベーシストは爪はしっかり短く切りましょう

ベーシストは爪はしっかり短く切りましょう

ベーシストで爪が長いと、こんな問題が起きてしまいます。

爪に当たる音がしてしまう

ベースの音にカリッとした音が混ざるようになります。
クラシックギターはむしろそれを狙っているのでしょうが、ベースの場合はあまり良い音になりません。

そういった音が欲しい場合、エレキベースならピックで弾くと良いですね。

爪はしっかり短くしましょう。

爪がジャマしてフォームが崩れる

これも良くないです。
爪が指板に当たるため、指が立てれなくなります。

本来、第一関節は自然にカーブした状態で弦を押さえたいです。
爪が長いと、これが伸びた状態か、むしろ反対に曲がった押さえ方になってしまいます。
変なクセがついてしまいますね。

爪が割れる

大切な爪が割れる原因にも、もちろんなります。
1回爪が割れると、元に戻るまでにけっこうかかりますよね。

 短くするのが無理なひともいる
注意点として、指の構造上、爪を短くするのが難しいかたもいます。
その場合は無理せず、可能な範囲で短く切っていきます。
もしかしたら、上に書いたぼくの先生のように、だんだん短くなっていくかもしれません。

文章は以上です。
最後に気になっている爪切りを貼っておきます。

「貝印」という刃物で有名な岐阜県関市のメーカーの商品です。
見た目むちゃくちゃかっこよくないですか?

タイトルとURLをコピーしました