エレキベースでクラシックスタイルの左手フォームが作れない方へ

エレキベースでクラシックスタイルの左手フォームが作れない方へJAZZ BASS TIPS

ベースの tacama です。
ライブハウスなどで、ジャズを20年演奏しています。

YouTube と Instagram の方にも投稿しています。

エレキベースで速弾きしたり複雑なフレーズを弾くには、クラシックの左手フォームが有効です。
クラシックギターのようなフォームですね。

ジャズやフュージョンのレジェンドベーシストを観察すると、ロックベーシストのようなネックを握るスタイルは皆無であることに気づくでしょう。

 慣れが必要
ただ、最初はこのフォームを作るのに手こずると思います。 
フォームのコツを書いていきます。

エレキベースでクラシックスタイルの左手フォームが作れない方へ

いくつか正しいフォームをつくるポイントがあります。

親指の位置を変えてみる

うまくフォームが作れないひとは、親指の位置が良くない場合が多いです。
ネックの真ん中くらいに置いてみましょう。

ネックをつまむように

基本は中指と薬指の反対側に親指を置きます。
ネックをつまむようなカタチになり、手のひらに卵大の空間ができるはずです。

握らないように

上にも書きましたが、ネックはつまむようにします。
握りません。

握ると、どうしてもポジション移動や速く弾くのに不利です。

見た目を気にする場合は、速く弾くときだけクラシックスタイルにするといいですね。

脇を閉めない

脇を開くと、ヒジが体から離れます。
ヒジが離れると手首をまっすぐにしやすくなります。

手首が曲がっていると、キレイなフォームが作りにくいです。

左手の参考になる動画

左手のフォームは見て覚えるのも有効です。

参考になる有名ベーシストの動画を貼っておきますね。
指がネックに対して直角に入っている感じを観察してください。

ヴィクターウッテン

Incredible Victor Wooten solo bass jam

クリスチャン・マクブライド

George Duke Trio "It's On" Live at Java Jazz Festival 2010

ポール・ジャクソン

PAUL JACKSON & MIKE CLARK

3人とも軽々弾いてみえるのは、フォームが正しいせいも大きいです。

文章は以上です。
ゆっくりでいいので、正しいフォームを身につけていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました