ジャズの演奏において、エレキベースを選ぶメリット【エレベは全然アリ】

ジャズの演奏において、エレキベースを選ぶメリット【エレベは全然アリ】JAZZ BASS TIPS

ベースの tacama です。
ライブハウスなどで、ジャズを20年演奏しています。

YouTube と Instagram の方にも投稿しています。

よくエレキベースの生徒さんに「ジャズを演奏するのに、エレベで大丈夫なのでしょうか?」と聞かれます。

ぼくはいつも「全然問題ないですよ」と答えます。

実際問題なくて、あるとすれば見た目の問題くらいですね。
ウッドベース(コントラバス)の見た目の方がジャズっぽい、と言われます。

エレキベースの方が優れていることも多く、この文章では、そんなエレキベースのメリットを書いていきます。

ジャズの演奏において、エレキベースを選ぶメリット

メリットは4つ。

  • 音がハッキリしている
  • 音程の悩みがない
  • 演奏がしやすい
  • 音に迫力がある

音がハッキリしている

エレキベースの方が音の輪郭がクッキリしています。
なので何を弾いているか、聴き取りやすいです。

ウッドベースは正直、低い方の音はかなり音程がわかりにくいです。
これは聴く側だけでなく、自分で弾いていても同じです。

バンドで音が埋もれない

アンサンブル内においても、ハッキリ聴こえるメリットは大きいです。

通常、バンドで演奏すると自分の音が聴こえづらくなるものです。
すぐ近くに他の楽器がいますからね。

そんな状況において、ウッドベースのモコモコしたサウンドはかなり不利です。
他の音に埋もれて、自分の音がかなり聴こえづらいです。

エレキベースはこの点、とても有利です。

音程の悩みがない

フレットレスのエレキベースを選んだ場合は、音程の悩みがでてきますが、それでもウッドベースよりはかなり楽です。

実際やってみないと分からないかもしれませんが、ウッドベースは音程にかなり苦しみます。
フレットありのウッドベースが欲しくなるくらいです。

演奏がしやすい

エレキベースの方が弦高も低く、演奏しやすいです。
構え方も、右手などは特にエレキベースの方が弾きやすいです。

音に迫力がある

アンプにつなぐことが前提のエレキベースです。
出音がやはり迫力があります。

クラシックギターとエレキギターを思い浮かべると分かりやすいですね。
クラシックギターの方がダンゼン優しい音色です。

ジャズはどちらかというと迫力のあるサウンドを求めますので、意外とエレキベース+アンプの音圧が心地よかったりします。

エレベだからといって、劣等感を感じることはない

以上、ジャズにおいてエレキベースを選ぶメリットを書いてみました。
むしろメリットが多く、ソロを弾くのも楽しかったりします。

以前エレキベースがかっこいいジャズを紹介したページを書きました。
このページです。

» ジャズのウォーキングベースラインをエレキベースで弾くとどうなるの?

ぜひ読んでみてくださいね。

それでは以上です。

タイトルとURLをコピーしました