バラードのベースラインはシンプルで良い話【ジャズの演奏のヒント】

バラードのベースラインはシンプルで良い話【ジャズの演奏のヒント】JAZZ BASS TIPS

ベースの tacama です。
ライブハウスなどで、ジャズを20年演奏しています。

YouTube と Instagram の方にも投稿しています。

ジャズにはバラードの曲がたくさんあります。
たとえば「ミスティ」「星に願いを」
あげればキリがありません。

そんなバラードのベースはどのように弾いたら良いでしょうか。
気をつけることは、「とにかくシンプルに」ということです。

バラードのベースラインはシンプルで良い話

シンプルで、単純なベースラインにすることを心がけましょう。

たとえば下の楽譜は、チェット・ベイカーの「I Fall in Love Too Easily」の冒頭部分です。

チェット・ベイカーの「I Fall in Love Too Easily」の冒頭部分

音源も載せます。

Chet Baker - I fall in love too easily

とてもシンプルなベースラインであることが分かりますね。
ルートばかりです。

全体のサウンドを優先

バラードは一拍に対する他の楽器の音の数が増えがちです。
そんなときにベースが色々動いていたら、ごちゃごちゃしてしまいますね。

我々ベースはシンプルな伴奏に徹すると、全体のうまくいきます。

こんな具合に、ジャズのバラードのベースは、仕事としてはとても簡単に見えます。

でも実は他に難しさがあります。
リズムです。

豊かなリズムを提供

バラードでの我々ベースの一番の仕事は、
「豊かな低音とリズムで、皆をつつんであげること」
です。

特にリズムです。
たとえば、前に突っ込んで弾いてしまったら、しっとりしたバラードが台無しになってしまいます。

ゆっくりのテンポでも、正確にリズムを提供できるようにしましょう。

正確なリズムはメトロノームトレーニングでつちかわれます。
メトロノームトレーニングについては、
「ジャズのメトロノームトレーニング基礎【おすすめの使い方、練習法】」
の記事を参考にしてみてください。

それではまた別の記事で。

タイトルとURLをコピーしました