ジャズコンセプションの間違いは耳コピーして直す【練習の機会に】

ジャズコンセプションの間違いは耳コピーして直す【練習の機会に】JAZZ BASS TIPS

ベースの tacama です。
ライブハウスなどで、ジャズを20年演奏しています。

YouTube と Instagram の方にも投稿しています。

ジャズの教材としてジャズコンセプションシリーズをおすすめしています。

この教材、音源CDもついているのですが、残念ながらけっこうミスというか、音源と楽譜が違っていたりします。

ぼくはベースのものしか見ていませんが、他の楽器の方も、おそらくそうなっているのでは。

この違う部分を、そのままにしておくのではなく、音源に合わせて楽譜を修正して欲しいです。

ジャズコンセプションの間違いは耳コピーして直す

ジャズコンセプションの間違いは耳コピーして直す

その修正のときに「耳コピー」をおこないます。

耳コピーのチャンス

耳コピーって、なかなか大変な作業ですが、今回の修正はせいぜい2~3小節です。
これくらいなら、がんばれますよね。

耳コピーの練習ととらえて取り組みましょう。

AB間リピート

ちなみに、耳コピーを楽にするツールがあって、「AB間リピート」です。

音声プレイヤーについている機能なので、アプリを入れる際に、この機能があるか確認してください。

もともとは英語学習のための機能で、他にも「3秒戻す」など、耳コピーに役立つ機能もついていたりします。

ぼくは早送りと巻き戻ししかないCDプレイヤーでコピーしていた世代なので、「ホントに便利な世の中になったなあ」と、たまに感慨深くなっています。

サックスとトランペットの方を参考に

耳コピーしたら、しっかり音源に寄せて演奏します。
歌い方や気持ちまで真似するようにしましょう。

その際に、たとえばベースのひとは、ベースの方の音源でなく、サックスとトランペットの方の音源を参考にして欲しいです。

※伴奏の方の教材についてくる音源です↓

ジャズのイントネーションなど、そちらの方が良いです。

ホーンライクなソロは楽しい

ホーンライクなソロは楽しい

このジャズコンセプションシリーズは、サックスのひとが作った教材なので、ソロなど、他の楽器では弾くのが多少難しいはずです。
とりあえずベースは弾きにくいです。

でもそれが良いです。

弾きやすいものばかり弾いていては練習になりませんし、ポール・チェンバースのような「ホーンライク」なソロに近づくためにも、このような練習は必要でしょう。

ぜひ、バップのメロディを味わいながら練習してくださいね。

それでは以上です。

このページは、
ジャズコンセプションシリーズの解説/関連記事まとめ【ジャズベース】
に追加しました。

タイトルとURLをコピーしました