クリスマスに聴きたいジャズのアルバム5枚【インストゥルメンタル編】

クリスマスに聴きたいジャズのアルバム5枚【インストゥルメンタル編】SONG

ベースの高間です。
ジャズを 20年演奏しています。

クリスマスに聴きたいジャズのアルバム5枚【ジャズボーカル編】
という記事を書きましたが、今回はインストゥルメンタル編です。

楽器の演奏がメインのアルバムです。
アルバムによっては、一部ボーカルが参加する曲も入っています。

ステキなクリスマスを過ごしてほしくて、おすすめのアルバムをまとめてみました。

クリスマスに聴きたいジャズのアルバム5枚【インストゥルメンタル編】

一般のかたに向けて、聴きやすい順にランキングにしてみました。

【1位】A New Orleans Christmas Carol (Deluxe Edition) - エリス・マルサリス

ウィントン・マルサリス(トランペット)、ブランフォード・マルサリス(サックス)兄弟のお父さんのアルバムです。
ピアニストです。

息子たちに注目が集まりますが、エリス・マルサリスもとても優れたジャズピアニストです。

なんといっても音色がキレイ。
演奏家にとって、音色は命だと思っています。

【2位】Have Yourself a Soulful Little Christmas - ケニー・バレル

ジャズギターのレジェンド、ケニー・バレルのクリスマスアルバムです。

編曲がすばらしいです。
ギター好きは必聴です。

【3位】Christmas Jazz Jam - ウィントン・マルサリス

上にあげたエリス・マルサリスの息子です。
NHKの番組にも出演したことあるんですよ。

クリスマスのアルバムですが、コアなジャズファンも楽しめる内容です。

【4位】Six String Santa(Christmas Guitar Dreams) - ジョー・パス

こちらもジャズギターのレジェンドのクリスマスアルバム。

ジョー・パスといえば、ジャズ界では知らないひとはいません。
かわいいメロディの曲なのに、演奏内容は通好み。

【5位】Christmas with Jon Batiste - ジョン・バティステ

微妙にジャズじゃないけど載せます。
「Joy to the World」はベースとドラムだけの演奏。
ベースはおそらく Phil Kuehnです。

以上になります。
ステキなクリスマスを過ごしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました