クリスマスに聴きたいジャズのアルバム5枚【ジャズボーカル編】

クリスマスに聴きたいジャズのアルバム5枚【ジャズボーカル編】SONG

ベースの高間です。
ジャズを 20年演奏しています。

ジャズとクリスマスはフィットしますよね。
クリスマスに聴きたい、ジャズのアルバムを紹介します。
今回は「ジャズボーカル編」です。

ぼくは Amazon Musicで聴いています。

クリスマスに聴きたいジャズのアルバム5枚【ジャズボーカル編】

5枚紹介します。
オススメ順というわけではありません。
すべて、すばらしいアルバムです。

Christmas (Deluxe Special Edition) - マイケル・ブーブレ

マイケル・ブーブレは、はずせないですね。

「Santa Claus Is Comin' To Town」などは、あとで紹介するフランク・シナトラにわざと寄せてるのかもしれません。
テンポ・歌い方、まったく一緒です。

Christmas Songs - ダイアナ・クラール

お気に入りは「Winter Wonderland」です。
ベースのジョン・クレイトンが、かっこいいんです。

「Winter Wonderland」については、こちらの記事も。

Christmas Songs By Sinatra - フランク・シナトラ

シナトラもクリスマスには聴きたくなります。
少し古い感じが、むしろ雰囲気がでますよね。

Merry Christmas - ナット・キング・コール

お気に入りは「A Cradle in Bethlehem」です。
のびやかな歌声が、こころに沁みます。

Wishes You a Swingin' Christma - エラ・フィッツジェラルド

上のナット・キング・コールと、エラ・フィッツジェラルドは、クリスマスの時期は毎年かならず聴いています。

お気に入りは「Have Yourself a Merry Little Christmas」
クリスマスがきたって気持ちになりますよ。

以上になります。
よいクリスマスを。

タイトルとURLをコピーしました