ジャズのベースソロをレベルアップする方法【適当なソロから抜け出す】

TIPS

ベースの高間です。
ジャズ演奏歴20年です。

ベースソロはいい感じにうまくなっていっていますか?
なかなか思ったようにはうまくならないですよね。

この記事では、ベースソロをレベルアップさせるための、ひとつの方法を紹介しようと思います。

それは、ソロを作って譜面におこすことです

チック・コリアは知っていますか?

チック・コリアは若手をよく起用しますが、ライブで簡単にはアドリブでのソロを弾かせないそうです。
事前にソロを作らせて、チェックすると聞きました。

きっとそれを繰り返して、 OK となったらライブでアドリブできるようになるんでしょうね。
さすがチック。厳しい。

こんなハイレベルなバンドでもソロを作るのですから、われわれもきちんとソロを作るようにしましょう。
アドリブってそもそも、とても難しいことなんですよね。

ソロを作ることについて、もう少し突っこんで書いてみます。

ジャズのベースソロをレベルアップする方法

ジャズのベースソロをレベルアップする方法

ソロを作ること、譜面におこすことのメリットをあげてみます。

落ち着いてメロディが作れる

ソロの練習というと、メトロノームや iReal Pro のようなアプリを鳴らしながら練習すると思います。

このときに失敗してもそのままスルーで流していませんか?
だれしも経験あるとあると思います。

譜面でソロを作るときには一音一音、ていねいに選ぶことになるので、こんなことにはなりません。

ストーリーのあるソロが作れる

譜面におこすようにすると、ソロにストーリーが生まれます。

「すくない音符からはじめて、ゆっくり盛りあがっていくソロにしようかな」

「音数を増やして、ちょっとはげしいソロにしてみようかな」

「長めの音符を増やして、メロディアスなソロにチャレンジしてみよう」

こんな具合に、ソロを全体として考えるようになります。
これはかなり重要なポイントです。

フレーズを増やせる

経験から、自分のフレーズのストックを増やすには3つの方法があると考えています。

  • 耳コピ(採譜)
  • 音楽を聴きまくる
  • ソロを作る

ソロを作ってフレーズが増えるのは、作るときにあれこれ考えてるからだと思います。

また、このときの頭のなかの感じは、耳コピしてるときと似ている気がします。

譜面に強くなる

ソロを譜面におこすには、譜面を書く能力が必要ですものね。

最初のころは「弾けるのに書けない」というもどかしい状態になります。

いつも、生徒さんが作ってる横で「がんばって」と応援してます。
ある程度、自身で経験しないといけませんから、アドバイスは少なめで見守っています。

もはや作曲

ソロを譜面におこすって、これはもはや作曲だと思います。
なんならタイトルもつけて、自分の曲として仕上げてしまいましょう。
JASRAC に登録までしちゃいましょうか。

チャーリー・パーカーは、きっとこんな感じで曲を作っていたのでしょうね。

譜面を書く環境づくり

譜面を書く環境づくり

今後、本格的にジャズを練習していくとすると、耳コピしたり、今回のように譜面を書くことが多くなってきます。

少し環境を整えてあげると、作業もしやすくなるし、モチベーションもあがりますよ。

譜面台

譜面台はちゃんとしたの使っていますか?

1,000円~2,000円の譜面台は、あくまで持ち運び用のものです。
譜面を書いたりするには、ぐらついてちょっと不便ですね。

なのである程度、しっかりした重さのあるものがいいと思います。

ぼくの使っているものは Amazon で買ったのですが、どうも取り扱いがなくなったようです。
安くておすすめだったのですが。

こんな譜面台です。

似たような商品を探してみました。
こんな感じものがいいですね。

ぼくがすすめたいのは、譜面を置く部分が木製のもの
木のぬくもりってホントにバカにできません。

本当は全部木製がいいのですが、ちょっと値段が上がってしまいます。

五線譜

五線譜のルーズリーフはけっこう消費するので、2冊くらいストックしておくと便利です。

百均か本屋さん、楽器屋さんに置いてあります。

百均や本屋さんは、店によってあったりなかったりするので、ぼくは置いてあるお店はしっかり把握するようにしています。

まあ Amazon や楽天にもありますけどね。

けっこう欲しいときに「家にストックない」ってなったりしたんです。

フリクションのボールペン

むかしはシャープペンで譜面を書いていました。
何度も書き直しますからね。

いまはフリクションのボールペンも使っています。

お気に入りはこれです。

書き味、重要ですよね。

記事はここまでです。

一度、ソロを作る作業してみてくださいね。
たぶん没頭して、1時間くらいかんたんに過ぎちゃいますよ。

ベースソロについては他にも記事を書いています。
ぜひ「ジャズベースの練習法」のページから読んでみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました