サックス・ベース・ドラムのオススメの演奏【ジャズサックストリオ】

サックス・ベース・ドラムのオススメの演奏【ジャズサックストリオ】JAZZ TOPICS

ベースの tacama です。
ライブハウスなどで、ジャズを20年演奏しています。

YouTube と Instagram の方にも投稿しています。

ジャズにはピアノやギターのいない「コードレス」の演奏もけっこうあります。

たとえば、サックス+ベース+ドラムの、いわゆる「サックストリオ」のスタイルです。

この文章では、このサックストリオのオススメの演奏を紹介したいと思います。

サックス・ベース・ドラムのオススメの演奏

レジェンドを3人紹介します。

ソニー・ロリンズ・トリオ

Sonny Rollins trio - "Weaver of Dreams"

サックストリオはこんな感じの演奏になります。
シブい雰囲気になりますね。
コード楽器がいないのに、コード進行がきちんと聴こえることに注目したいです。

» ソニー・ロリンズ・トリオをAmazonで探す

ブランフォード・マルサリス・トリオ

Jeff Tain Watts - stomping at the savoy.mp4

同じくテナーサックスのブランフォード・マルサリスのトリオの映像です。
ベースは、ロバート・ハースト、ドラムは、ジェフ・テイン・ワッツです。
トリオなのに迫力の演奏です。

» ブランフォード・マルサリス・トリオをAmazonで探す

ケニー・ギャレット・トリオ

Kenny Garrett Trio - Giant Steps 1995

アルトサックスのサックストリオです。
サックスのケニー・ギャレット、ベースのナット・リーヴス、ドラムはまたジェフ・テイン・ワッツです。
コードレスなのに、コード進行が難解な曲を選ぶのがかっこいいですね。

» ケニー・ギャレット・トリオをAmazonで探す

サックストリオは演奏するのに、しっかりとした実力が必要になります。
チャンスがあればぜひ取り組んで、レベルアップしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました