【40代ダイエット】筋トレ初心者はパーソナルトレーニングを受けるべき【やめる前提で習う】

BODY MAKE

こんにちは、高間です。
筋トレ歴5年、ウェイトトレーニング歴1年8ヵ月です。

先日晴れて40代の仲間入りしました。1980年生まれです。
40代のみなさま、よろしくお願いいたします。

ダイエットのために筋トレをしていまして、75kgあった体重は、現在68kgになりました。
7kg減。まだまだしぼる予定です。

筋トレの効果でてますか?

ところで、ダイエットのために筋トレを始めるかたも多いと思いますが、どうでしょう。成果でていますでしょうか?

「ぜんぜん痩せないし、筋肉もつかない」って、なげいているのではないでしょうか。

その気持ち、とても分かります。
ぼくもずっと変化がなくて、本やネットの情報を読みまくりました。
それでも結局筋肉はつかないし、ぜんぜん痩せません。

なかなか結果が出ないあなたや、過去の自分に伝えたいことがあります。
それは、パーソナルトレーニングを受けると変わるよ、ということです。

パーソナルトレーニングで変われる

パーソナルトレーニングは何かというと、専門のトレーナーに筋トレの指導を受けることをいいます。
トレーナーはパーソナルトレーナーと呼ばれます。

ぼく自身もボディビルダーやトレーナーに習うことで、やっと筋肉がつくようになりました。
また脂肪を落とすということがどうゆうことなのか理解できました。

この記事では、なぜパーソナルトレーニングを受けるべきか、理由を6つ話していきます。

またタイトルにも書きましたが、やめる前提で受けるべきだと考えています。その理由も書きますね。

筋トレを始めるのにパーソナルトレーニングを受けるべき理由【40代のダイエット】

筋トレを始めるのにパーソナルトレーニングを受けるべき理由【40代のダイエット】

われわれ40代は、よっぽど気をつけて運動しているひとでない限り、若いときの筋肉はどこかへいってしまっています。
もはや若い時の自分は別人と思ったほうがいいです。

代謝も落ちているし、根気も落ちているし、増えるのはストレスばっかり。

ちょっとグチが増えてきましたが、われわれはダイエットは本気で取り組まないとうまくいかないよ、ということを言いたかったのです。
適当にちょっと運動したぐらいでは何も変わりません。
むしろ下手に食欲を刺激して太る。

ということで、そろそろ本気で筋トレしましょう。

すでに腕立てや腹筋くらい始めているかもしれません。
最初は筋肉痛がきたりしてちょっと楽しいですが、ちゃんと続けれていますか?
さらに続けれていたとしても、筋肉つきました?

ぜんぜんつかない筋肉

筋トレってほんとにぜんぜん筋肉つかないんですよ。
たぶん身に染みて実感していると思います。過去の自分はまさにそうでした。

そこでパーソナルトレーングです。
先ほども書きましたが、筋トレのトレーナーに習うのですね。

プロに習うのがやっぱり一番です。ライザップとかタレントさんなど、ちゃんと結果でてますものね。

なぜパーソナルトレーニングを受けた方がいいか、もう少し詳しく話していきます。

おすすめのパーソナルトレーニング

筋トレは思ってるより難しい

筋トレは、フォームや1セットの回数、セット数、トレーニング頻度、種目、重量の選択、食事内容、食事の頻度、、、

もうほんとに奥が深すぎなんです。

よく「筋トレがうまくいくようになるとマネジメント能力があがる」などといわれますが、ほんとかもしれません。

とにかくとてもマニアックで専門的な世界なのです。
こんなに難しいものだとは思いもよりませんでした。
「テキトーにやってればつくでしょ」と思っていました。ごめんなさい。

あきらめて、ひとに習おう

ですのでここはあきらめて、うまくいっているひとに習いましょう。
ひとに習うことについて「ひとに習うこと、レッスンをうけることについての意味【目標への最大のショートカット】」にも書きましたので、よかったらこちらもお読みください。

また自重トレーニングよりウェイトトレーニングの方があきらかに筋肉がつきやすいです。
ぼく自身も筋肉がつくようになったのは、ウェイトに変えてからです。

そうなってくるとますます、トレーニング難易度はあがっていきます。

関節などを痛める危険がある

われわれ40代には深刻なことです。ケガしたら治りません。

ぼくは右手首をダンベルで痛めました。
あと左ひざもスクワットで痛めました。
たぶん一生治らないんじゃないかと思います。

生活には何の支障もないのでいいのですが、ダンベルを持つことは残念ながらあきらめました。
ほんとに後悔しています。

でもトレーナーのひとに、ダンベルを使わない代わりの種目をおしえてもらって、とりあえず楽しくトレーニングしています。

正しい筋トレならケガしなくて済む

本来、正しくトレーニングをしていれば、ケガのリスクはほとんどありません。
特にわれわれのようなダイエット目的や、ちょっといい体になりたいくらいの目的ならなおさらです。
ボディビルダーのような高重量は扱わないですからね。

軽い重量でケガしたぼくって、、

効果的な回数や頻度をおしえてもらえる

筋トレのスケジュールも立ててもらえますよ。

「何曜日はこの種目とこの種目を何回 × 何セットして、次の日はこれとこれして」って。

適当に組んでいるわけでなく、科学的な研究結果にもとづいた理論で考えられています。

ほんとパーソナルトレーナーのかたたちは勉強家ばかりなんですよ。
たまに知識量に圧倒されます。

食事のアドバイスも受けられる

減量は食事の改善なしではぜったい無理です。
脂肪を落としつつ、筋肉を落とさない食べ方をおしえてもらえますよ。

あと筋肉をつける食事もですね。
「筋肉をつけるにはトレーニングより食事の方が大事だ」ともいわれるくらいなので、しっかり習っておきたい部分です。

トレーナーの多くはボディビルダーだったりするので、このあたりのことはめちゃめちゃ詳しいです。
栄養の資格をもっているトレーナーも多いですよ。

目の前にうまくいっているひとがいる安心感

これはぼく的にはとても重要なことです。

本やネットの情報は、あくまで知らないだれかの情報です。
でも実際に目の前にいる、かっこいい体をしたトレーナーの言うことは、やっぱり説得力がぜんぜん違います。10倍増しくらいです。
このひとのいうことなら信じてやってみようって、やっぱりなります。

実際に自分が行動できるかが重要なので、これって大事なポイントだと思うんです。

モチベーション維持

筋トレってしんどいじゃないですか。しんどいことを自分からおこなうわけです。

そんなときに「あと1回がんばりましょう」と、はげましてくれる先生がいたら、がんばれちゃうこともあるわけです。

あと一生懸命おしえてくれる先生のためにも、痩せたいってなりますよね。

自分でできるようになったらやめる

自分でできるようになったらやめる

筋トレの知識、食事の知識がついたらあとは自分でやっていけるはずなので、パーソナルトレーニングはやめてしましましょう。

やめたあとは近所のジムと契約するなり、公共のジムへ通うなどすればいいですね。
やっぱりお金のかかることですから、ムダなお金は使わないようにしないといけません。

たいていは、各パーソナルトレーニングジムが最低の期間を設けていますので、その期間だけ通うようにしましょう。
それ以降は通う必要はありません。
1~4ヵ月コースが多いです。

パーソナルトレーニングを探してみよう

最後に、パーソナルトレーニングを探せるサイトを書いておきますね。

無料カウンセリングをおこなってるところが多いので、ひとまずそのあたりから自分にあったパーソナルジムを探してみてください。

おすすめのパーソナルトレーニング

記事はここまでになります。がんばって筋トレとダイエット、成功させましょうね。

タイトルとURLをコピーしました