ウォーキングベースラインを作るコツ・音選び【ジャズ初心者向け】

TIPS

ベースの高間です。
ライブハウスなどで、ジャズ演奏するようになって20年になります。

ウォーキングベースラインってコードトーンとかで作るんだよね?
適当に作れっていわれるけど、よくわからないよ。

今回はこんな疑問に答えようと思います。

だれでも簡単にウォーキングベースは作れるので、ぜひゆっくり読んでみてください。

ウォーキングベースラインを作るコツ・音選び

ウォーキングベースラインを作るコツ・音選び

ウォーキングベースラインを "一音ずつ" 説明していきます。

4拍子から解説して、あとに3拍子にもふれていきます。

4拍子の場合

1小節に4つの音が入りますね。

G7 → CM7

このコード進行で、「G7」の音を決めるときのことを例にして話していきます。

1音目

コードトーンにすると良いです。
まずはルートか5度をもってきましょう。

例でいうなら、ソかレですね。

ルート or 5度(G7:ソ シ レ ファ)
ルート or 5度(G7:G B D F)

*3度と7度は、もう少し色々考えられるようになってからの方が良いです。

2音目

コードトーンか、経過音にします。

■ コードトーンの場合
1音目で選んだ音と同じでも大丈夫です。
もちろん別の音でも。

コードトーン(G7:ソ シ レ ファ)
  • ソ →
  • レ →
コードトーン(G7:G B D F)
  • G →
  • D →

低い音でも高い音でも大丈夫ですよ。
弾いてみて自然かどうかを確認すると良いです。

■ 経過音の場合
経過音は正しくはスケールから選ぶのですが、今は気にせず、コードトーン以外の音を適当に選んでみましょう。

例でいうなら、

経過音(G7:ソ シ レ ファ)
  • ソ →
  • レ →
  • レ →
経過音(G7:G B D F)
  • G →
  • D →
  • D →

3音目

今はコードトーンが無難です。

例でいうと、

コードトーン(G7:ソ シ レ ファ)
  • ソ → ソ→
  • レ → シ→
  • ソ → ラ→
  • レ → ミ→ ファ
  • レ → ド→
コードトーン(G7:G B D F)
  • G → G→
  • D → B→
  • G → A→
  • D → E→
  • D → C→

4音目

「導音」をもってきます。導く音。

次のコードの1音目で弾く予定の音を意識しましょう。
その音のことを「ターゲット」と呼びます。

今はターゲットに近いコードトーンを、4音目にもってこれるように練習しましょう。

カッコ内がターゲットです。

コードトーン(G7:ソ シ レ ファ)
  • ソ → ソ→ レ → → (ド)
  • レ → シ→ ソ → → (ソ)
  • ソ → ラ→ シ → → (ド)
  • レ → ミ→ ファ → → (ソ)
  • レ → ド→ シ → → (ソ)
コードトーン(G7:G B D F)
  • G → G→ D → → (C)
  • D → B→ G → →(G)
  • G → A→ B → → (C)
  • D → E→ F → → (G)
  • D → C→ B → → (G)

3拍子(ワルツ)の場合

1小節に3つの音が入りますね。
基本的には4拍子と同じですが、2音目だけ注意です

1音目

4拍子の1音目と同じです。

2音目

四拍子の2音目と3音目の考え方をもってきます。

■ コードトーン

例でいうと

コードトーン(G7:ソ シ レ ファ)
  • ソ → → レ → (ド)
  • レ → → ファ → (ソ)
コードトーン(G7:G B D F)
  • G → → D → (C)
  • D → → F → (G)

■ 経過音

経過音(G7:ソ シ レ ファ)
  • ソ → → シ → (ド)
  • レ → → シ → (ド)
  • レ → → ファ → (ソ)
経過音(G7:G B D F)
  • G → → B → (C)
  • D → → B → (C)
  • D → → F → (G)

3音目

四拍子の4音目と同じです。
次のコードのターゲットを意識します。

ウォーキングベースラインは、楽譜に起こすのがベター

ウォーキングベースラインは、楽譜に起こすのがベター

最初のうちは五線譜に書いて、ウォーキングラインをつくることをおすすめします。
頭のなかがゴチャゴチャになりますからね。

パズルで大丈夫

また「自分なんかが適当に選んだ音で大丈夫なのか」と不安になるかもしれません。
まったく問題ありませんよ。

最初のうちはパズル感覚で大丈夫です。
そもそも4つか3つしか音が選べないので、パズル的になって当然です。

音選び以外のことも大事

ちょっと先のことを話すと、ウォーキングラインが作れるようになってきたら、次はリズムのことや発音のことが大事になってきます

これらを加味すると、パズルだったウォーキングベースが、生きたかっこいいものに変わりますよ。

記事はここまでです。

ジャズのその他の話題については
ジャズベースの練習法 – 独学の方へ【エレキベース&ウッドベース】
の記事に、いろいろまとめてありますので、ぜひ見てみてください。
リズムのことも載せてあります。

タイトルとURLをコピーしました