【ジャズの基本】コード進行の勉強は「ツーファイブワン」から【理論】

コード進行の勉強は「ツーファイブワン」からTIPS

ベースのタカマです。ライブハウスなどで 20年ジャズを演奏しています。

ジャズを勉強し始めたら、曲については「ツーファイブワン」のコード進行をまず覚えると良いです。
覚えるというか、最初は理解できれば十分です。

ツーファイブワンを説明できますか?
「メジャーツーファイブワン」と「マイナーツーファイブワン」があるんでしたね。

ツーファイブワンについては「ツーファイブワンをスタンダードのコード進行から探してみよう【曲の分析力アップ】」あたりを参考にしてください。

最終的にはパッとみてツーファイブと判断でにるようになりたいのですが、なかなか最初は判別がつきづらいと思います。

しかも「ツーファイブ」というように「ワン」が無い状態でもひんぱんに出てきますので、手ごわいです。

ツーファイブワンを見つけるには
ツーファイブワンかどうかの判断力アップには 12キーの練習が良いです。

12キーの練習については「【効果大】枯葉を12キーで練習しよう【苦手キー克服と移調の練習】」に詳しく書きましたのでぜひ読んでみてください。

コード進行の勉強は「ツーファイブワン」から

コード進行の勉強は「ツーファイブワン」から

ツーファイブワンは、CM7に解決する場合はこんな感じになります。

Dm7 - G7 - CM7

最初の Dm7はもともと 4度メジャーの FM7が変化したものです。

Dm7 に変えるとルート音が、D → G → Cとなります。

4度あがっていっていますね。
5度さがっているともいえます。

この 4度あがる動きは強い動きで、単音でもコード進行を感じます。

つまり Dm7に変えることによって、コード進行がスムーズになるんですね。

理論は自然に覚えて欲しい

なぜこんな話をしたのかというと、話を聞いたあとでは、みなさんにとってツーファイブワンが少しだけ身近になったと思います。

「なんかめんどくさそう」という気持ちが、少し減ったんじゃないかなと。

理論は無理に覚える必要はありません。
みなさんが覚えるまで、ぼくはこうやって言い続けますので、そのうちきっと自然に覚えてしまうことでしょう。

にわかで覚えた知識なんて結局使いものにならないですもんね。

ツーファイブワンの勉強の仕方

ツーファイブワンについては、まずは「楽譜の中から見つける」という練習が有効です。

何か曲を弾くときには、「ここはツーファイブワンじゃないのかな」と注意しながら弾くと良いです。

このことは最初にあげた別記事の「ツーファイブワンをスタンダードのコード進行から探してみよう【曲の分析力アップ】」が参考になると思いますので、読んでみてくださいね。

それではまた別の記事でお会いしましょう。

タイトルとURLをコピーしました