「3拍4連」と「4拍3連」のやり方【ジャズのリズムトレーニング】

「3拍4連」と「4拍3連」のやり方【ジャズのリズムトレーニング】JAZZ BASS TIPS

ベースの tacama です。
ジャズを 20年演奏しています。

YouTube や Instagram の方もぜひ。

「3拍4連」ということばをご存知でしょうか。
たとえば、3拍子の1小節に4分音符を4つ詰め込むことです。

「3拍4連」

逆に「4拍3連」というのもあります。

「4拍3連」

感覚でやってしまってもいいのかもしれませんが、きちんと理解して演奏する方法を書きます。

「3拍4連」と「4拍3連」のやり方

「3拍4連」と「4拍3連」のやり方

まずは「3拍4連」から。

「3拍4連」

「3拍4連」

3つの4分音符を、16分音符に変えます。

全部で12個の16分音符ができます。
これを4等分します。
3個ずつですね。

これを3等分します。4個ずつですね。

そして、それらをつなげます。

そして、それらをつなげます。

できあがりです。

メトロノームを1拍目にアクセントをつけて練習してみてください。
まずは4つとも同じ音で弾いて、慣れてきたら違う音で練習してみます。

「4拍3連」

「4拍3連」

続いて「4拍3連」です。
上と同じようなことをします。

4分音符を3連符に変えて、3分割します。

まずは4分音符を3連符に変えて、3分割します。

そしてつなげます。

そしてつなげます。

弾いてみると分かりますが、「3拍4連」で自分が弾いていたリズムをメトロノームが担当することになります。
楽しいですね。

メトロノームがグルーヴする

トロノームがグルーヴする

以上、「3拍4連」と「4拍3連」の練習の仕方について書いてみました。
メトロノームって意外に遊べることに気づきます。

よく、
「メトロノームが良い具合に聴こえているときは、自分が良いリズムを出している」
と言われます。

がんばってメトロノームをグルーヴさせましょう。
やはりメトロノームは最高の相棒ですね。

» メトロノームと友達になろう【リズム以外もグングン上達します】


それでは以上です。

このページは、
メトロノーム練習についてのブログ記事まとめ【ジャズ/ベース】
に追加しました。

タイトルとURLをコピーしました