ジャズミュージシャンの言う「適当」とは【アドリブでの演奏】

ジャズミュージシャンの言う「適当」とは【アドリブでの演奏】JAZZ BASS TIPS

ベースの tacama です。
ライブハウスなどで、ジャズを20年演奏しています。

YouTube と Instagram の方にも投稿しています。

ジャズはアドリブで演奏されるわけですが、このことをミュージシャンに訊くと、
「適当に演奏してる」
と返ってくると思います。

アドリブが苦手なひとにとっては意味がわからないことですよね。

ジャズのアドリブは、
「フレーズをストックしておいて、その場に合ったものを選んで出す」
ということを、実はしています。

つまり、「どれを出すか」がアドリブです。

新しいものを生み出しているわけではありません。
ただ、新しい組み合わせは、その場で生まれることはあります。

なので、上で言う「適当」とは、
「いまの雰囲気に合うフレーズを "適当に" 出してみてる」
といった感じになります。

このページは、
ジャズベースソロ上達のためのブログ記事まとめ【②コツ/考え方】
に追加しました。

タイトルとURLをコピーしました